スポンサーリンク

暑い日の子どもの肌って綺麗に見えているようで、実はバイ菌がすごいんですよ。
体温調節でいっぱい汗をかきます。その汗が、バイ菌を増やすといわれています。
バイ菌が増えるという事は、皮膚の病気になってしまいますよね。
ここでは、知っておきたい皮膚の基礎知識を簡単に学んでいきましょう!

スポンサードリンク
  

子どもの汗って大人の3倍か掻くって知ってますか?その皮膚はどうなる?

見出しを見てびっくりする方って多いいかと思いますが、そうなんですね!
その汗を放置して、バイ菌がいるところに虫刺され、湿疹、あせもなどで、かいてしますと、肌が傷つき、化膿してしまうかもしれません。
それを、避けるには、こまめに汗を拭いてあげたり、服装などに気を付けて、お出かけしましょう。

服装は、肌着を着させていった方が、肌着が汗を吸収していいと思っているママは、少なくないと思いますが、肌着は、着させないでTシャツなど汗の吸収をしやすいものにいたしましょう。

大人でもそうですが、暑いときは、子どもは、もっと暑いです。
なんせ子どもの体温は大人よりが高いので、すぐに汗を掻いてしまうのですね。

スポンサーリンク

子どもの肌のスキンケア!

汗を掻くことってすっごい大事ですよね!
ですがそのあとが肝心です。
家にいるときは、バーッと遊んだあと、いーっぱい汗をかいたら、洗い流すことに致しましょう。
ボディーソープは使わずに、シャワーで流すとよいでしょう。
また、ボディーソープや石鹸の使用は1日1回にしておきましょうね!
乾燥肌の原因にもなりかねません。
また、シャワーを浴びた後は、ちゃんとスキンケアを忘れずに致しましょう!
夏だからと言っても、子どもの肌は、乾燥しているものですので、保湿クリーム
を毎日欠かさずしましょう。
毎日保湿ケアをしていると、肌にバリアができますので、紫外線やエアコンなどの、刺激にも受けにくくなります。
あせもにも、効果的ですので、毎日のお手入れを忘れずに致しましょう。

お風呂に入った時のポイント!

暑い日にも、ぬるめのお湯で、お風呂に入った方がいいですね。
毛穴がひらき、毛穴のなかに入っている汚れもきれいさっぱり吐き出しましょう!
38度から39度くらいにお湯で、暑かったら、半身浴でもOKかも!?
体洗いは、ゴシゴシ、ナイロンタオルでやるのではなく、泡立てて、泡で体を洗ってあげましょう!
普通のボディソープですと、刺激がつよいお子さんは、弱酸性の物を選べと、お水に近い成分ですので、乾燥肌になりにくいですよ。
お風呂上りには、濡れた体を、バスタオルでゴシゴシではなく、ポンポンっと拭いてあげてくださいね。また、保湿クリームとうを塗る場合は、お風呂の中で、肌が湿っているような時に、塗ると効果的ですよ(^^♪

まとめ

肌着は、着させないでTシャツ1枚!
汗を掻いたら、Tシャツを交換そのままにしない!
家にいるときにいっぱい汗をかいたら、シャワーで流す!
夏でも半身浴、汗を掻いてきれいさっぱり!
ゴシゴシ洗いではなく、泡で洗う!
水分をふき取るときも一緒!ポンポン拭きでかるーくね!
お風呂上りに保湿クリームを塗るときは、お風呂の中で塗るとよい!
毎日、続けるってことが一番の予防になりますので、毎日、頑張ってやりましょう!
毎日やっていれば習慣になるので、夏でも冬でも毎日やりましょう!

スポンサードリンク