スポンサーリンク

寝かし付けをしようと思っていてもママと子供の寝たいタイミングって違うんです。
何故、一緒に横になっても寝てくれない?
それとも、まだ、遊び足りない?
お腹空いたのかなー?と言う謎にハマってしまった事などありませんか?
寝かし付けこそ時間がかかる子、かからない子っていまよね。

そこで、私が体験したことを「」のリアル体験を記事にいたしました。

スポンサードリンク
  

子どもの寝かしつけに苦戦する日々

お腹が空いたりしてしまうと、何か食べたいなという意識が傾き集中したいけども出来ない状態もあるかと思います。
あとは、寝苦し夜にも集中力が欠けるものです。
大人もそれと同じだと思いませんか?
子供は、その日を十分に体を動かし、頭を使った遊びをしたりすると数分で寝てしまいますよね?

なんで、あんなに日中身体を動かしたのになぜ眠くならないの~??
ってついついイライラが発生してしまって「寝ないとママ違う部屋にいちゃうよ!」
と何度言ってしまったものかと反省した日々です。
逆効果って事ものちのちに判明したりすんですが・・・

誰でも通る寝かし付けの悩み

卒乳をするまだ少し前は添い寝しながら母乳をあげて寝かせていました。
そろそろ、時期的にも卒乳の時期になりはじめましたが、
日中は粉ミルクを使用してそれで乗り切ってました。
夜は添い寝しながら母乳をあげていた癖が子供も抜け切れてなく抱っこしても、
おんぶしても、夜ドライブしても全く寝てはくれなかった時が3週間位ありました。
正確に言うと、真夏の暑い1か月の真夜中でしたね・・・
暑いし、寝苦しいから一度は寝てもまた、再度泣いて起きてしまう事がありました。
折角寝てくれたのにまた起きてしまったと言う循環の悪さ、
その夏は嫌な思いをさせれた夏として記憶に残ってます。
私が抱っこしても泣き止まない、座って抱っこしても勿論ダメ!
真っ暗な所に行くにも怖くてダメ!「じゃ、いったいどうすればいいんだ~!!」
と一緒に泣いてはあやしての繰り返しでした。

スポンサーリンク

ママはやってしまった大失敗!救世主パパ登場

 
パパの一言!
お前がイライラしてるのが伝わるんだよ!」と言うと、
別室へと連れて行き数分後に戻って来たころにはすやすやと抱っこされている!
えっ」っと私・・・
子供をみた途端、悔しさと安堵感でいっぱいになった時を思い出します。

そうです、やってしまったのです。
子どもは、ママがイライラしていることや、焦ってると感覚で読み取りそれに子どもなりになんとなくわかるのですね。
けどもまだ、眠くないと訴えてることもあるんですよ。

小さいから早く寝かせないといけないではなく、その子にあったタイミングを考えて、
読み取っていけばその時間帯には眠くなるだろうと考えてあげるべきだと思いますよ。
大人だって眠くない時はあるはずです。
それと一緒なんですね。
一生懸命に寝かせなきゃって思うと返って逆効果というものです。

夫婦一緒の寝かし付け

寝かし付けの出来事では子育ては一人でしょい込まない、と言う事を勉強になった瞬間でした。
ついついパパにお願いしたいけど仕事でヘトヘトなパパにはしてもらえないんだろうな~って、
思っているママ!!
それは大間違いです!!!
子育てに遠慮なんていらないんです。
二人の子どもなんですからね。
「俺は、仕事で疲れてるから子育て不参加ね~」
とか言ってるようなパパさんには、うまく声をかけてあげるだけでも、もしかすると動いてくれます。

寝かし付けを振り返って今思う事

子育ての難関の一つ寝かし付けの苦労はした事のない人には、分かってはもらえません。
ただ、話をきいてくれるだけの事です。
やはり、その時は一番身近なパパにも寝かし付けのお手伝いをしてもらうべきなのです。

パパも仕事で疲れてるのだからこそ「子どもと一緒に寝てもらおう!」
作戦をしてみるのも一つの考えではないのでしょうか?
そして、少しでも寝かし付けのイライラから解放されてみてはいいかと思います。
寝かし付けのイライラ感は次の日には繋げないが一番いいものですよね。
だって、子どもは、ママには笑っていてほしいと、願っているんですから・・。

お付き合いありがとうございました。

スポンサードリンク