スポンサーリンク

英国在住の主婦が語るイギリスのおススメはこちらです。

EU離脱などで最近、ニュースで聞くことも増えたイギリス。
実は円高ポンド安の今がお得なのではないでしょうか。
真夏の8月でも気温が30℃に達することがあまりないロンドンは避暑にも最適です。

スポンサードリンク
  

イギリス旅行にロンドンに行ったら、ロンドン塔は行ったほうがいい!

ロンドン旅行を考えている方には、少なからず歴史に興味がある方も多いのと思いますが、そんな方に特におすすめなのがロンドン塔です。
これもまた有名な観光スポットであるタワーブリッジのほぼ隣に位置します。
実はロンドン塔は正式には『女王陛下の宮殿および要塞』と呼ばれています。
しかし女王陛下が実際の住居としているのはバッキンガム宮殿ということで、現在は儀式用の武器庫や礼拝所として使われています。
ロンドン塔はいくつもの塔から構成されています。
ホワイトタワーの中には過去から現在に至るまでの英国王室で使われた武具、武器が収められています。
ブラディタワー(Bloody Tower)には、幼い王子が殺されたり、死刑囚の牢獄に使われたりと、名前の通り血生臭い歴史があります。
ジュエルハウスは宝飾庫として使われており、『偉大なアフリカの星』と呼ばれる巨大なダイヤモンドが展示されています。
他にも、ロンドン塔を守るベテラン兵士のヨーマンウォーダー、反逆者が潜ったトレイターズゲートなど、見どころは色々あります。

スポンサーリンク

イギリスの食べ物はまずい?うまい?おススメな食べ物はこちら!?

よくイギリス料理はまずいと言われています。
確かに、イタリア、スペイン、フランスなどに比べたら、味付けのバラエティも少なく、まずいというよりつまらないと言った方がいいかもしれません。
それでも探してみれば美味しいものもあります。
その一つがパイ料理
だいたいどこのパブでもメニューに載っているはずです。
基本的に肉類のシチューをパイで包んでオーブンで焼いたものを言います。
種類も豊富で、ステーキ&エール(牛肉とビール)、チキン&リーク(鶏肉とネギ)、ゲームパイ(うさぎ肉など)、ミンス&オニオン(牛ひき肉&玉ねぎ)などなど。
付け合わせにはチップス(フライドポテト)と茹でた野菜が多く、グレイビーソースをかけて食べます。
パブによって味も形も違うので、比べてみるのみ面白いかもしれません。

まとめ

ロンドンにはまだまだ見どころがたくさんあります。
バッキンガム宮殿は外からだけでも見る価値はありますし、トラファルガー広場の隣にあるナショナル・ギャラリーに行けば、有名な絵画がいくつも展示されています。
天気が良ければ、デリショップでサンドイッチを買って公園の芝生の上でランチもいいですね。
フォートナム&メイソンでアフタヌーンティもおすすめです。
夏の間は夜9時頃まで日が沈まないので、夜に出掛けるのもそれほど不安はないのではと思います。
夕食後に日暮れのテムズ川沿いを散策や、パブにビールを飲みに行ったりと、夏のロンドンを楽しんでください!

スポンサードリンク