スポンサーリンク

お庭でバーベキューが簡単にできる方法をご提案していきます。

バーベキューって準備も片付けも大変なイメージがある思います。
好きな人がやればいいんじゃんみたいなところもあるかもしれません。
準備も片付けも簡単だったらやってもいいかな?
って思うあなたは、是非試してください。

スポンサードリンク
  

お庭で簡単バーベキューのご提案

住宅地でバーベキューなんてできないよって思っている方!
炭を使ったら煙がすごくて近所迷惑だし、用意するのも大変!
そのあとに片付けも大変!

バーベキューにはお酒が付きもの、酔っぱらっちゃったら片づけるのが、
できないから、ほどほどにすると遠慮しちゃうと思います。
でも、こんな方法だったらどうでしょう?

炭も使わない!バーベキューグリルも使わない方法!
「何」カセットコンロを外に持ち出しでフライパンで焼くの?って思わるあなた!

カセットコンロは正解です。

でも、フライパンじゃバーベキューのしてる意味がないような???
じゃ二つガスコンロを並べて鉄板でやるの?

「それダメ―!!!」やってはいけない方法ですよ!
この方法ですと、ガスボンベが熱を持って爆発しますので、
この方法では、絶対にやっては行けませんよ!

じゃなんで焼くのさ~???
そうです!
鉄板の代わりに溶岩プレートを使って焼くのです。

溶岩石プレートはカセットコンロでできる簡単さ!

溶岩石プレート熱して油を引いてお肉や野菜、バーベキュー具材を焼くだけ!

こんな簡単にできちゃう手軽さ!
なんたって溶岩プレートは鉄板とは違い
赤外線効で、お肉が真っ黒焦げにならないで焼ける!
特に鶏肉なんて、焼くのが大変!結構中を見ちゃいますが!
真っ黒にならないで、プリっぷりのやきとりが食べれますよ!
野菜なんかも玉ねぎ、にんじん、アスパラ、かぼちゃ・・・他
丸焦げにならないで、美味しく焼きあがりますし大変便利に使えますよ。

お肉からでる油も溶岩プレートの中に吸収してくれるので、そのままで大丈夫!
ホルモンやたれ付きのお肉の場合は違いますけどね・・・^_^;

私は10年くらい愛用してますが、熱していくと溶岩プレートの中から、
脂が噴き出てきますよ!
(ブシャーとは出ませんよ!ポツポツ程度です)
これもまた、お肉や野菜を美味しくしてくれるポイントです!
長年使っていると、うまみが中に吸収され、
より一層美味しく食べれるような気がします。(個人的にですよ)
なので、使うたびに溶岩プレートを育てています。

準備簡単、片づけ簡単で溶岩石プレートは楽々

用意するもの

カセットコンロ
溶岩プレート
テーブル
ガムテープ(しっかりしたもの)
ガスレンジのフード(風よけ)

↓こんなの↓

こんな大きくなくていいのですが、100円ショップで売っています。
風がなければ別に用意しなくてもいいのですが、ある場合は、無いとガスコンロは、
火が消えてしまうので、念の為用意しておいてください。

これだけで準備OKです。

後は、溶岩石プレートを熱して焼くだけ!
どうですか?
簡単じゃないですか???

はい、終わったら片づけですよね。

用意したものを片づけるだけ、
カセットコンロボンベを抜いてしまうだけ!
テーブルはたたんでしまうだけ!
レンジカバーは捨てるだけ!

それから溶岩石プレートの片づけですね!
冷える前に表面の汚れをフライ返しやヘラで汚れを落ちしておいてください。
これをやるとやらないとだと片付けの方法が変わってきちゃいますので、
必ずやっておくことをおススメします。

やらないで、溶岩石プレートが冷えるのを待つと水でつかせておかないと、
取れなくなるゴミが出てきてしまうのでやっておいてくださいね!

ハイ、じゃその次です。
溶岩石が冷えたら、たわしで水またはぬるま湯でゴシゴシ流して終わり!
水気をきって箱に入れるかておしまい。
私は、エアーパッキン(プチプチ)にくるんで箱に入れています。

それだけ!

スポンサードリンク

まとめ

どうでしょう?
お庭でバーベキューしたくなりまいたか?
簡単だったら、考えちゃいますよね。
溶岩石プレートも色々あるので、考えてみてみては?

私は、30cm位の物を使っていますが、かなり重宝していますよ。
友達もみんながほしいといっていますので、おススメの一つです。
そんなに何万円もするものじゃないので、
是非買って、かっこいいパパを子供たちに見せてあげましょう!

スポンサードリンク