スポンサーリンク

春になると、何かと会食が増えると思います。
歓送迎会 卒業式、卒園式、入学式、入園式、お花見とうとう色々と!
そこで、太りに食べ方やコツをご提案します。
また、食べ過ぎてしまった!そんな時の対処方法もご提案んしていきます。

スポンサードリンク
  

会食が多いい時期になりました 太りにくい食べ方をご提案

大食い、早食いは太ってしまうってあなたも知っているかもしれませんが、
この時期は、会食が増え、お正月の次に太ってしまうかたも少なくないかもしれません。

そこで、太りにくい食べ方のコツをご提案していきます。
お腹が、減った~・・・
だから、まずお肉や、御飯を食べたいと思いますが、
その食べ方こそが、太る原因になるのです。
血糖値が急激に上がり、インスリンが過剰反応してしまい、
必要以上に分泌され、糖分を脂肪として蓄積させてしまうことから、
脂肪が付きやすき食べ方になります。

じゃどんな感じで食べればいいのか?
食物繊維の多く服も食材から食べていくとよいでしょう。
豆類、穀類、野菜、キノコ、海藻などに多く含まれています。
それらを先に食べて、血糖値の急激な上昇を抑えることによって太りにくい食べ方になります。

宴会などで、先に食べたほうがいい食べ物!
豆腐サラダ、ゴボウサラダなんてあると、すっごくいいですよね!
それから、漬物です。
この漬物は、食物繊維だけじゃなく、ビタミンCや植物乳酸菌も入っているので、
飲んだ次の日、食べ過ぎた次の日も和らげてくれます。
わかめの酢の物
野菜ステック
ひじきの煮物
切り干し大根
意外と知らないアボカド
こんなものから先に食べておくとよいでしょう!

じゃこれを食べたからって、太らないの?って思わないでくださいね。

大食い、早食いはデブの元ですから、適度に食べてください。
昔から母親に良く噛んで食べなさいと、言われてきていると思います。
それが、基本なんです。
なんで、早食いは、太るのといいますと、
先ほども紹介しましたが、血糖値と関係があります。
やはりここでも、インスリンが過剰分泌され、余分な糖分を脂肪に変えてしまうからです。

なので、大食いも同じ、夜遅くに食べるのも一緒です。

よく噛んで、食物繊維豊富な食材から食べてから、たんぱく質のお肉や、お魚
それから揚げ物が出てくると思いますが、レモンをかけて油の代謝を促しましょう。
それから、炭水化物の御飯物や麺類を食べるようにすれば太りに食べ方になります。

スポンサードリンク

食べ過ぎてしまったら次の日に対処しよう

そうはいってもやはり宴会など盛り上がってしまったら、
もう食べるのは止まらないですよね。
あっちに手を付けこっちに手を付けで、いろんなものを食べてしまうと思います。

それじゃ食べ過ぎて知ったらどんなことをすればよいか!
次の日に対策をすれば問題ないでしょう!

野菜を中心に食べやはり食物繊維を多くとった方がよいでしょう!
サラダにかかるドレッシングはノンオイルの物があればそれを、マヨネーズでも、カロリーオフなど低カロリーなものを選ぶようにいたしましょう。

やはりここも同じで、食物繊維豊富な食材を食べて、たんぱく質、炭水化物の順番を心がけましょう。
御飯の量をいつもより少なくする代わりに、野菜を多くとったりと工夫するとよいでしょう。
また、脂肪を燃やす食材はこちらになります。
唐辛子(カプサイシンが脂肪燃焼を助けます)
グレープフルーツ(インスリンにの濃度を下げる作用がある)
緑茶(カテキンパワーで代謝が良くなり脂肪燃焼率を上げる効果がある)

まとめ

どうでしたか?
普通のダイエットの時にも使える方法だと思います。

スポンサードリンク