スポンサーリンク

毎年2月くらいから悩ませされる、花粉症!
なんでなるかの花粉症のメカリズムを簡単にご紹介。
花粉症かな?って感じてしまったら花粉症対策でマスク、花粉症用メガネは効果的?
予防方法や私の実体験をご紹介いたします。

スポンサードリンク
  

花粉症になるメカリズム簡単にご説明

花粉症になるのは、体内に花粉などの抗原が入ってきたとき、
その花粉(抗原)が粘膜に付着すると、抗体(IgE抗体)が作られ、肥満細胞と結合します。

この肥満細胞やIgE抗体が花粉などの抗原との接触し、体内に蓄積されます。
蓄積により一定量以上の抗原と接触したときに、
鼻水やくしゃみで外に出そう出そうと身体が反応して、
目のかゆみ、鼻水や鼻づまり、くしゃみ、がでてきます。

現代病 花粉症はなんでなるの

花粉症になる方は、遺伝も一つありますが、それだけじゃないです。
お年寄りの方は、そんなになっている人はいませんよね!
現代病ともいわれている花粉症ですが、なんでなってしまうのでしょう?

それは、食生活の変化と環境の変化です。
お年寄りの時代は、食生活では規則正しく生活をし、
暴飲暴食などできない時代でしたよね。
それから環境のでは、自動車があまり走っていなかったり、
道路もあまり舗装させていないところが多かったですよね!
それに比べると今の食生活は、ジャンクフードやお菓子でも脂っこいものばかり!
夜中まで起きてテレビを見たり、
仕事が終わるのが遅く、帰ってくるのが夜中だったりと、
規則正しい生活ができていない。
また、ストレスが大きな原因ともいわれています。

花粉症対策 花粉症用メガネ、マスクは効果あるの?

体内に直接花粉などの抗原が入ってこないってことは、
かなりの対策になります。

マスクをしているのとしていないのとでは、
花粉症になる時期を遅らせたりとか早く花粉症の症状が治ったりとかいいことが多いいです。

目のかゆみなどがある方は、花粉用メガネも効果的です。
直接、花粉が目はいってこないので、目のかゆみなどは軽減されます。

花粉症の予防

花粉は1月下旬から飛び始めます。まだ少量の花粉しか飛んでいないので、
この時期から、メガネやマスクをつけはじめると、鼻水、鼻づまり、くしゃみなど、
花粉症症状が和らぎますし、花粉症症状になる時期も遅らされることができます。
また、早めに治ることもありますので、早めの対策をしておいた方が、
楽に花粉時期を迎えることができますし楽に終わらせる事ができますのでおススメです。

また、外出時にも、メガネ、マスクはもちろんの事、帽子や、花粉の付きにくい
服装
でお出かけをし、家に入る前に花粉を落として入る事を、習慣づけましょう。
外出時の服装ですが、ツルツル素材でも、静電気で花粉が付着するので、
手やブラシなどで払い落しても、落ちない可能性がありますので、
静電気防止スプレーをして外出しましょう!
ホームセンターや今ではドラックストアーなどで売っていますので、
こちらを服に吹きかけて出かけるように致しましょう!

スポンサーリンク

私の実体験

私は、19歳の時は花粉症状がではじめました。
その時に高校を卒業し、就職してトラックドライバーになったのですが、
2月後半にくちゃみの連発で、「あれ?」花粉症かな?って思いはじめたら、
鼻水はズルズルになるしで、いきなり発症しはじめました。
その後、若さなんでしょうか?そのまま対策もせづ、ティッシュ片手にハンドルを握って、
荷物を下すときには、荷台にティッシュを置き下ろしていたことを思いだします。
その後、対策も何もしていないので、鼻づまりがひどくなり、
両鼻詰まってしまい呼吸も口呼吸になってしまいました。
なので、食べ物を食べるときに味がしない!
特にラーメンを食べたときに美味しさがわからなく、大変困りました。
せっかくおいしいと言われているラーメン屋にいって
並ばず食べれたのに意味がなかったです(◞‸◟)
それに寝るときがすごいです!
口だけで呼吸をするので、起きると、舌カピカピに固まっているのですよ!!
これには驚きましたね(+o+)

これじゃ大変だと思いドラックストア―にいったら、点鼻薬がある事をその時にしって、
即購入!ですが、点鼻薬って3~4時間の時間はすっごい快適なんですが、
効き目がなくなると、また同じ症状!両鼻閉鎖です( ;∀;)
やはり寝るときが一番たいへんでした!
点鼻薬をしてから、寝る!3~4時間程度しか効かない!おきたら舌カピカピ!
意味ないじゃん!みたいに何年もそんなのが続きました。

最初は鼻が花粉症状でやれレていましたが、その何年かしたら、
目のかゆみも出はじめ、今度は目もか!って思いましたが、やはり、
対策という対策はしていなく、
かゆみ止めの、高い目薬だけ!それも、かゆくなるとすぐに目薬をさして、
一日何回もやっていました。
それからそれから、今度は寝てから起きるときに目が開かない・・・
「おいおい」目も開けられないのかって感じでしたが、洗面台にいき、
目の周りを洗いやっと両目を開けることができるようになります。

そんな事を10数年間苦労していましたが、仕事を替え、今度は現場仕事になったときに、
たまたま、正月明けから天井裏の工事をしていた時に、空気が悪いから、マスクを着けて、
毎日作業をしていました。
その後、あれ2月後半にはなっていた花粉症の症状が出ないじゃん!
って思いはじめたのですね。
「あれ。もしかして治った?」
なんて思っていたら、やぱり、3月くらいからしゃみが出るようになり
鼻づまりも多少ですが出るようになりましたが、
全然症状が軽く驚いていました。
鼻がつまっても、点鼻薬をすれば、長く効くようになり、寝て起きるまでの時間も詰まることがなく、
寝る前の1回の点鼻薬で朝まで問題なく過ごせています。

今までは、5月中頃までは花粉症が続いていたけど、
今では、4月中頃までには全く花粉症状がでなくなるまでになりました。

このようにマスクをつけると、まったく花粉症状が出ないとは言えないのですが、
かなりの軽減ができていると思います。
なので、早めの対策をしていれば、花粉症状も軽減できるので、早めの対処必要です。
たぶん私の症状は結構、重症の方だと思いますので、そんな人がここまで、
軽減するんですからやってみる価値あると思いますよ!

毎年、薬を買って金額が行くより、50枚から60枚入りのマスクを500円前後で購入し
1月の後半からマスクをしはじめ花粉時期が終わるでの期間つけていれば数千円で、
花粉時期を乗り越えることができますね。

私は、マスク2箱、花粉用メガネ(2年前に購入したもの)点鼻薬1本、花粉用目薬1つで
ここ数年過ごしております。

まとめ

どうでしょうか?

花粉のメカリズム!花粉は蓄積させてそれ以上になると、花粉症症状がでます。
その花粉の蓄積が、少なければ発症しないので、その前の対策が必要になります。

花粉症状が出てからじゃ遅いんですよ!
ここが肝心です!!
なる前にマスクや花粉症メガネを着用しよう!!!

スポンサードリンク