スポンサーリンク

ステップワゴンハイブリット購入してから、3か月がたちました。

今回初めて高速道路を走行したのですが、
Honda SENSING(ホンダ センシング)のLKAS(車線維持支援システム)と
ACC(アクティブクルーズコント―ロール)この2つの機能使った感想を書きたいと思います。

スポンサードリンク
  

安全支援システム Honda SENSINGの評価は?

今回初めて高速道路を走行しました。

それも私じゃありません!
普段、高速道路なんて全く走行しない慣れない私の奥さんです!

前の車(ハイエース)ですと怖い怖い!
スピード出せない・・・っとぶつぶつ(^-^;

高速道路走っていたら、なんか遅いな?っと思ったら60㎞/hまでスピードが落ちていました( ゚Д゚)
80㎞/hまでは出してっと助手席から言っていましたよ( 一一)

ハイ!
ここで「Honda SENSING」の出番ですよ(^^♪
・LKAS(車線維持支援システム)
・ACC(アクティブ・クルーズコントロール)渋滞追跡機能付

こちらの2つの機能を使って走行してもらいました。
最初は車が多く60㎞/hくらいでしたので、ACCを使って自動追跡してもらって走っていました。

その時点でのスピードをセットしたので68㎞/hの設定になっています。

そこから80㎞/hにスピードセットして、
前の車がいなくなると80㎞/hまでスピードがあがる設定にしました。
68㎞/hの時に一緒に「LKAS(車線維持支援システム)」もセットしています。

スポンサーリンク

こちらの2つの機能(LKASとACC)を使って走ってもらいましたが楽々できちゃいましたよ!
全然違和感なく走行してくれましたよ( ^ω^ )

私的の評価は☆5つです。
☆☆☆☆☆
!(^^)!

高速道路を運転しない慣れない人は楽々運転システム!!

慣れない人では、高速道路は怖いところみたいですね!

やはり普段80㎞/hを出していないと、
スピード感覚が違うためそこまでスピードが出せない!!
との感じがあるみたいです。

頑張って80㎞/hまで出したら、あとは[MAIN]ボタンと「SET」ボタンを押すだけ!
そしたら、80㎞/hで走行してくれるので!

私が思う、高速道路を普段運転しない人のここが怖いって思うところはこんな感じではないでしょうか?

・スピードが出せない
・スピードが維持できない
・メーターを見る余裕がない!
・運転に余裕がない
・走行車線内にいないと他の車に迷惑をかける!
などなど・・・
心配事がいっぱいあると思われますね!

そんな時に使える機能!

その1
ACC(アクティブクルーズコントロール)

渋滞中でも前の車を追跡してくれます!
0㎞/hからの設定が可能!
前の車が止まると自動で止まってくれます。
発信はアクセルを「ポン」っと軽く踏むか、「RES+」ボタンを押すかで、解除され前の車を追跡してくれます。

その2
LKAS(車線維持支援システム)
大体、時速60㎞/hくらいから設定が可能です。

車線をカメラで認識し車線の真ん中を走るようにハンドルをアシストしてくれます。

こちらは超快適です。
軽―くハンドルを持っていれば、ハンドルを動かしてくれますので、ふらつきがなくなりますよ。

まとめ

ほんとこちらの機能を二つ使って高速道路を運転すると、運転疲れが半減すると思いますよ!

ハンドルも軽―く持っていればいいし、速度も気にしなくていい!

高速道路を走っている車、全車がクルーズコントロールが付いていれば、渋滞も少なくなると思いますがね!!

でも、いざという時は注意して下さいね!
全て任せても危険ですからね!

いつでも、ブレーキを踏めるように準備していましょうね!!

スポンサードリンク