スポンサーリンク

謝恩会の挨拶なんて大役を頼まれると、プレッシャーがかかりますよね。
大勢の人の前で話すのが得意じゃない人や、スピーチをこれまでに経験したことのない人なら尚更・・・どんな話をすればいいのか、どんな言葉運びが場に合ったものになるのかなど、とても悩むと思います。
そんな方の参考となるよう、今回は謝恩会の挨拶について少しまとめてみました。

スポンサードリンク
  

何を話すかわからない人は見て!

自分の感じている、先生方へのこれまでの感謝の気持ちを伝えればいいのですが、「問題はどんな切り口で話せばいいのか」ですよね。

全然難しく考えなくても大丈夫です(^^)
形式的な挨拶を少しと、在園時に実際に子ども達から聞いた「先生にこんなことしてもらった」というエピソードを混ぜればいいのです。

例えば
「給食(お弁当)を食べるのを手伝ってくれた」とか、「転んでしまったときに抱っこしてすぐ保健室に連れて行ってくれた」などなど・・・
子どもの成長の手助けをして下さったことがわかるような、自分や子どもたちが嬉しかった気持ちがわかるような、そんなエピソードが必ずあるはずです。

また、保護者自信が先生からかけていただいた言葉で印象深いものがあれば、それも素敵なエピソードだと思います。

それを思い出したり、お子さんに改めて聞いてみたりして、一度箇条書きにしてみてもいいですね。

その中から会に来てくださる人たちに共感してもらえそうなものを選んだり、自分の思い入れのあるエピソードを選んでみたり・・・とにかく『ありがとう』が伝わること、これを前提に考えれば大丈夫です。

ただ、ユーモアやウケをねらう挨拶は、難しいですよね。
もちろん、謝恩会は楽しいほうがいいですが、笑いを求める場ではありませんので、特に意識しなくてもいいかと思います。
少しくらいは場を和ませたい、とお考えであれば、聞いている人たちが何人か「ふふふ」となるくらいの、ほほえましいエピソードで充分ではないかと思います。

話し上手で必ずウケると分かる人なら挑戦するのもアリですが、あまり自信のない人がもしウケをねらいにいってまったくウケなかった場合の、場の空気を濁してしまうリスクを考えれば、あくまで「挨拶」であり「余興」ではない、と割り切って卒なくこなすほうがスマートかと思います。

気楽に、でも感謝の思いをしっかりと、というスタンスで、考えてみてくださいね(^^)

それを文章にできたら、あとは時間の配分なども考えながら(場合によっては動画を流したりする場合もあるので、エピソードは省略も)、例文をいくつか自分で工夫すれば大丈夫です。

開会のことば(例文)

忙しい中を集まってくださった先生方への感謝の言葉、保護者の協力への感謝などを簡潔に述べます。

例)
皆さま、お待たせしました。
これより、○○保育園の謝恩会を始めたいと思います。

はじめに、保護者を代表いたしまして、○○組の卒園児の母、○○よりご挨拶を申し上げます。

先生方にはお忙しい中、そろってご出席いただきまして、誠にありがとうございます。

園長先生をはじめ、○○保育園(幼稚園)の先生方、○年間大変お世話になりました。
卒園児○○名、本日無事に卒園をすることができましたことを、心から感謝いたします。

スポンサーリンク

(※必要に応じてここへエピソードを入れる)

今日は、お世話になった先生方へ感謝の気持ちを込め、ささやかではありますが謝恩会を用意させて頂きました。

関連記事


謝恩会にスライドショーを流したい!簡単に作る方法をご提案!

保育園(幼稚園)の謝恩会の段取りや司会進行をご提案

幼稚園(保育園)の謝恩会での親は踊る?歌う?ゲームは?のご提案!

謝恩会で保護者代表の挨拶を頼まれた!何を話すか例文はこちらから!

謝恩会の司会進行でプログラム順の例文 台本はこれで大丈夫!?ご参考に!

乾杯のあいさつ(例文)

乾杯のときの挨拶は、感謝の言葉をできるだけ短くします。
明るい声で、朗らかな表情を意識してみて下さいね。

例)
○○保育園(幼稚園)の先生方に心からの感謝をこめて、また、巣立ち行く子どもたちのますますの成長と幸せな未来を願って、乾杯!

閉会のことば(例文)

保護者への祝辞、先生方への感謝、締めの言葉などをシンプルに述べます。

例)
今日は卒園式に引き続き謝恩会とおつきあい下さり、お疲れ様でございました。

子どもたちは○○保育園を離れ、今日、巣立ちます。
これから進んでいく道の中で戸惑いや悩みが出てくることでしょう。
その時はこの保育園で学んだことをかてに、きっと乗り越えてくれることと思います。

いつも優しく、時に厳しく子供たちを見守ってくださり、本当にありがとうございました。

最後となりましたが、保護者の皆さま、ご卒園おめでとうございます。

お話も尽きないこととは思いますが、これにて閉会とさせていただきます。

まとめ

色々と悩んでしまうスピーチですが、相手へ伝えたい気持ちをシンプルに表すことはこの先も役立つことです。卒園して小学生へと進級していく子どもだけでなく、自分も親としてワンステップ進むんだ♪と思えば素晴らしいことです。

また、~で、~で、と話すより、いつもより短く言葉を区切って話すのも成功のコツです。ぜひ練習で試してみて下さい(^^)

最後まで、お読み頂きまして、ありがとうございますm(_ _)m

近日中に、保護者代表のあいさつの例文を書きたいと思います。

スポンサードリンク