スポンサーリンク

義理チョコとはいえ、何人かの女子で相談する時間や買出しに出かける時間、そしてお金も使うので意外と大変なものですよね。
部署内の人数が多ければ多いほどチョコ選びもお金の大変さも比例します。
仕事のことで手一杯の時だと、すごく負担だったり面倒になってくる・・・
そんな風にお悩みの人へ、今回は義理チョコの存在意義や男性の本音にせまってみましたので、ぜひご一読ください!

スポンサードリンク
  

義理チョコって男性はいる?いらないの?

女性から何か贈り物をもらって嬉しくない男性は少ないでしょうが、そこに『気持ち』がこめられているのか、が重要ですよね。

職場だと、「感謝の気持ち」をチョコと一緒に贈る(配る)のが現在のセオリーのようですね。
感謝を伝えることはとても大切ですし、人間関係を円滑にするものですよね。
普段から伝えられていれば何の問題もないのでしょうが、シャイな日本人には少々ハードルの高いことでもあります。

それを、バレンタインデーをきっかけに表明することはいいことだと思いますが、男性たちはどう考えているのかも気になりますね。

感謝されるのは嬉しい反面、ホワイトデーにお返しをしなければならない、という負担を感じている人も少なくないようです

実際、我が家でもそのような愚痴を聞いたことがあります。
忙しいと中々買いに行く時間も取れなかったりしますし、女性向きのかわいいパッケージのお菓子を買うのは、恥ずかしさがあったりするんだそうです。

「正直、なくても全然いい」

これが我が家の旦那さんの本音のようです。
感謝の気持ちを伝えてもらったことよりも、ホワイトデーのお返しを用意しなければ・・・ということのほうにばかり、頭がいっちゃうんだそう。

思い切って、バレンタインデーに義理チョコというやり方をやめて、普段から感謝の意を伝えることに切り替えるほうがお互いに無駄な時間や出費をおさえられるスマートな方法のように思えますが、いかがでしょうか。

義理チョコを配るのも大変だからやめたいと思っているあなた!

義理チョコを配るのって、年に1回とはいえ大変ですよね。
そもそも、義理チョコはバレンタインデーの趣旨からは少しはずれたところにあるものですし・・・
そんなわけで、少し原点に返ってみて、その存在意義についてちょっと考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもバレンタインデーっていつから始まったの?

バレンタインデーの歴史の始まりがいつか、ご存知ですか?
なんと、古代ローマ時代までさかのぼるんだそうですよ。

2月14日は「家庭と結婚の神・ユーノーの祝日」として設定され、その翌日に開催される豊年祈願の宴であるルペルカリア祭というお祭りで、宴の間だけパートナーとなる人をくじ引きで決めたことに始まったのだそうです。
そのくじを、お祭りの前日である2月14日に女性たちが用意し、翌日の宴で男性たちがひいたことから、現在の「女性→男性」という方向性になったのかな、と推測できます。

そんな時代から受け継がれてきたバレンタインデーですが、時代とともに世界各地で様々な形式の祝い方になっていきました。
では、いつ日本でもバレンタインデーが風習として根付いたのでしょうか。

第二次世界大戦より前に来日した欧米人たちが、一部地域で行っていたものが広まり、1958年ごろから流行したとみられています。

この頃から定着し始めた日本での「バレンタインデー」は、現在にいたるまでに義理チョコをはじめとする日本独自の習慣もまじえたものになっていきました。

その大きな役目を果たしたのが流通業界や製菓業界で、目的は販売促進のためです。

日本独自のバレンタインデーって?

では日本独自のバレンタインデーの主な特徴を、いくつか挙げてみます。

贈るものがチョコレートである
女性から男性への一方的な贈答である
女性の愛情表現の日と認識されている
義理チョコや友チョコの存在がある
ホワイトデーが設定されている

などです。

つまり・・・
義理チョコ』も『ホワイトデー』も日本にしかない歴史の浅いものなんですよね。

当たり前ですが、もともとはなくても会社は回っていましたし、きっと今なくなっても会社は回ります。義理チョコを決して悪いものとは思いませんが、もともとのバレンタインデーの主旨からもやはりはずれていますし、果たして、その存在意義って・・・?と疑問がわきます。

まとめ

最近、社内で少し先輩にあたる女子社員が率先して、職場内で義理チョコを配るのを廃止(禁止)するという動きも見られるようになってきました。

今すぐはやめにくいという場合も、たいそうに考えずに、バレンタインデーの日に部署内の男性社員にコーヒーやお茶を淹れて配るとか、時期的にのど飴を配るとか、お返しは不要♪くらいの「ほんの気持ち」程度の気軽さにシフトしていけばお互いラクかもしれませんね(^^)

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございます。

スポンサードリンク