スポンサーリンク

北日本でも豪雪地帯として知られる青森県。
夏は日本三大祭にも選ばれているねぶた祭がとても有名です。

短い夏が終わり、チラホラと小雪が舞ったかと思うと、あっという間に青森県は真っ白な雪に包まれていきます。
そんな降雪のさなか行われる雪まつりをご存知でしょうか?

青森県では、その豊富な雪を上手に利用した、雪まつりが各地で行われています。

今回は、青森県で行われている三大雪まつりをご紹介したいと思います!
普段なかなかお目にかかれない、自分の背丈以上もの雪にお子さんも大喜びすること間違いありませんよ!

スポンサードリンク
  

ねぷたも!?青森を代表する雪まつり「弘前雪灯籠まつり」

青森県の雪まつりと言えば、代表的なものの一つが「弘前雪灯籠まつり」です。
桜で有名な弘前城公園で行われる県内最大級の雪まつりです。

雪像やカマクラには、ねぷたをモチーフにしたものも多く、青森の夏まつりの余韻を感じることもできるのが、この「弘前雪灯籠まつり」の魅力です。

冬のねぷた絵は、夏のものとは違う雰囲気があり、とても素敵です。

また、弘前陸上自衛隊による巨大雪像は毎年、渾身の出来で、これを楽しみに毎年訪れる方もいるくらいの力の入れようです!

公園内には150基を超える数の雪像が作られ、雪まつりの雰囲気を盛り上げてくれます。
また、300基以上のミニカマクラに灯がともると、あたりは一気に幻想的な世界に包まれます。

弘前の雪灯籠まつりは、市民の手で作られているお祭りであり、個人参加で雪像を作ることもできる、温かいお祭りです。
作成者の名前を見てみると、個人名の他、○○同窓会、など心温まる看板が沢山出ています。
こうした看板に注目しても、お祭りの見え方が変わって楽しめるかと思います。

お子様が喜ぶ巨大滑り台や「雪遊び広場」があり、ゆるキャラ行進など企画も多く、家族そろって楽しめる雪まつりです(^^♪

スポンサーリンク

弘前雪灯籠まつり

期間:2018年2月9日(金)~2月12日(月祝)
会場:弘前公園(国指定史跡「弘前城跡」)
問い合わせ:0172-35-1128

迫力の冬花火!青森の雪まつり「十和田湖冬物語」

十和田湖畔で行われる雪まつりが「十和田湖冬物語」です。

雪を使ったバナナボートやホーストレッキングなどの催しがあり、お子様にも大人気の雪まつりです。

こちらの雪まつりでも、巨大滑り台がありますので、弘前雪灯籠まつりの滑り台と滑り比べてもたのしいかもしれませんね!

冬空に打ち上げられる冬花火とイルミネーションが、この「十和田湖冬物語」の一番のイベントです。
約200発の花火と、会場を明るく照らすイルミネーションが、心をウキウキさせてくれます。

一面が銀世界に囲まれながら、郷土料理が堪能できる「ゆきあかり横丁」も人気の一つとなっています。

十和田湖冬物語は開催期間も長い雪まつりですので、弘前や青森の雪まつりと重ねて遊びに行くこともできる、おすすめのお祭りです。

十和田湖冬物語

期間:2月3日~2月26日(昨年度参考)
会場:十和田湖冬物語特設会場 十和田湖畔休屋
お問合せ:0176-75-2425

超巨大滑り台!?おすすめ!「青森合浦公園雪まつり」

市民に昔から親しまれている、青森市の冬のお祭りが「青森合浦公園雪まつり」です。

高さ6メートルの雪の滑り台、棒にパンを巻き付けて皆で焼く棒パンコーナーが毎年人気です!

乗馬体験もすることができ、凧揚げもすることができます!
雪が舞う中、海風を受けながら上げる凧はとても難しく、上がった時の喜びはひとしおです!

子供から大人まで雪と触れ合い、楽しむことのできる雪まつりです。

青森合浦公園雪まつり

期間:2月4日、5日(昨年度参考)
会場:青い海公園 アスパム裏
お問合せ:017-723-7211

まとめ

どんなに毎年、多くの雪が降ったとしても、冬の初めに雪が舞い始めると、自然と心がウキウキしてきます。
豪雪地帯だからこそ、楽しめる雪まつり。

三大祭り、それぞれに良さがあり、楽しめることも違います。

時間の許す方は、是非三か所回っていただけると、とても素敵な冬の思い出になることと思います。
普段の生活で雪に触れる機会の少ない方も、そうではない方も、心から楽しめる青森の雪まつりをご紹介しました!

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございます。

スポンサードリンク