スポンサーリンク

寒いシーズン、湘南の恒例イベントといえば、江の島シーキャンドルライトアップです。
長期間にわたって、複数の場所で様々な企画が用意されていて、ほんとうに楽しめます。

関東三大イルミネーションに認定されていて、「湘南の宝石」と呼ばれるほどですよ!

江の島にまだ行ったことがない、という方、是非この機会に行ってみてください。
まだ詳細は発表されていませんが、例年行われているイベントと一緒に紹介していきますね~。

スポンサードリンク
  

江の島は夏は海!冬は海のイルミネーションでデート!!

湘南の海といえば江の島ですから、夏のイメージの人が多いと思いますけれど、実は、寒い時期の間はイルミネーションで、ずっとライトアップされているんです。

灯台のように江の島の上に立っているシーキャンドルを中心に、360度の範囲に吊るされるイルミネーション「光の大空間」は、日本有数の規模を誇るんですよ。

江の島の頂上まで歩いて行ってもいいけれど、少しお金を出して、「江の島エスカー」に乗るのが楽チンですよ。
大人360円、子供180円で乗ることができます。

子供連れにとってはとてもありがたいですね!

江の島サムエル・コッキング苑

ここね、とっても素敵なんです。
湘南の冬は晴れると春みたいに暖かな陽気に包まれます。

ですので、12月中旬~1月下旬(去年)に約2万株ものウィンターチューリップが、一斉に開花して、夜間は、このチューリップがイルミネーションとともに、ライトアップされて、本当にきれいです。
そして、その奥には、シーキャンドルの「光の大空間」へと誘う光のトンネルが続きます。
ここも本当に素敵。とってもロマンチックな空間です。

江の島だけじゃない!周辺の場所でもイベントを開催してますよ~(^^♪

一番のおススメは、なんといっても新江の島水族館の、年末のイベント!
水族館でも毎年12月25日までの「ナイトワンダーアクアリウム」が
開催されています。17時~20時まで。

スポンサーリンク

毎年変わるコンセプトに沿って展示されていたりするから、いつ行っても飽きません。

今年は、「満点の星降る水族館」。
入口から素敵な演出に、いつもとは違う雰囲気にのまれていきます。
相模湾大水槽に映し出される映像と音と魚たちのコラボが、とっても美しくてずっと見ていたくなります。

隣接する「なぎさの体験学習館」では、自分が紙に描いた生き物の絵が大きなスクリーンに動き回る、体験型アトラクションもあります。
子どもは大喜びですよ~!(^^)!

あとね~!
この期間だけ、オリジナルカクテル「光るカクテル」があります。
ノンアルコールのカクテルもあるから、車で来ても、子どもが欲しがっても大丈夫!
江の島のイルミネーションを望むデッキで夜景と潮風と共に、味わってみては
いかがですか。

開催期間と場所は?

2017年11月下旬~2018年2月中旬まで開催されます。
詳しくは、江の島シーキャンドルのホームページをチェックして下さいね。
イベント中の様々な情報は、ここが一番載っていると思います。
https://enoshima-seacandle.com/

ちなみに。
藤沢市の観光親善大使になっている、つるの剛士さん。
開会日には毎年ライブやっていますから、ファンの方は要チェックですね!

アクセス方法はこちら!

期間中は道路も混むので、やっぱりストレスがないのは電車です。
小田急片瀬江ノ島駅徒歩15分。

商店街抜けて、江の島まで続く橋から望む景色は、テレビでよく見る風景ですよ。
晴れた日の夕方は、右手に富士山が見えて、相模湾が夕日に照らされて
光って見えて、息をのむような景色を見に来て下さい。

車で来られる方
江の島の橋を渡ってすぐの、「江の島なぎさ」が一番近いですが、
ここは常に混雑しています。

ですので、水族館の隣にある地下の駐車場に停めるのがいいと思います。
比較的空いていますから。

そして、ゆっくり橋を歩いて、景色を楽しみながら江の島に来るのをおススメします。

まとめ

「湘南の宝石」と呼ばれるほどの光と夜景を、是非大切な人と見に来てくださいね!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

スポンサードリンク