スポンサーリンク

秋の花火大会といえば、ふじさわ江の島花火大会ですね。
今年2017年も、10月21日(土)に行われるそうです。
全国でも3位という人気の高さです!
湘南の海に映し出される色とりどりの花火と夜空を、大好きな人と、大切な友人と、
見に行ってみませんか?

地元の人間だからこそ知っている情報がありますので、
皆さんの素敵な思い出が作れますように、ぱーっと紹介していきますね!

スポンサードリンク
  

ふじさわ江の島花火大会の穴場的なところは?ある?

まずは、手っ取り早いのは有料鑑賞席!
チケットぴあより、2017年9月1日(金)10:00~発売です。
1枚2500円となっています。

といっても、無料で見れる場所があったらいいですよね。
江の島周辺から辻堂海浜公園辺りまでは、海沿いにコンクリートの階段がありますので、
レジャーシートを持ってくれば、ゆったりと見る事が出来ます。

おススメなのが、片瀬漁港に隣接してある芝生スペース!
有料席と同じくらいに花火を楽しめちゃいます。
知っている人はここを狙ってくるので、レジャーシートを持って午前中に場所を確保しちゃいましょう!

地元の私がおススメする場所はここ!

ちなみに。
ちびっ子がいる私は、混雑している江の島まで連れて行って優雅に鑑賞・・・
とはいきません(笑)

江の島から車で北に10分かからない位(通常時)のところに、湘南モールフィルという
ショッピングセンターがあります。
そこでは、花火大会当日無料で特別開放されていて、屋上で花火を眺める事が
出来るんですよ。

スポンサーリンク

駐車場代もかからないし、トイレや飲食の心配もないです。
それに、屋上に屋台も出店していてとても賑やかなので、
ママ友や子供達とワイワイ出来ないかな、と考えている方には、とってもおススメの場所です。

ふじさわ江の島花火大会の見どころは?打ち上げ時間等の詳細は?

何といっても、秋の涼しい季節に花火大会はいいですよね~!
例年約5万人以上の観客で賑わいます。
スターマインや芸術玉が次々と打ち上がる様は、本当に大迫力ですよ。

打上予定時間は、18時~18時45分
打上玉数は、約3000発、
となっています。
※荒天の場合は、翌日10月22日(日)に延期

混雑状況や電車での行き方は?

問題はここです(笑)。

やっぱり確実なのは電車。
一番の最寄り駅は、小田急片瀬江ノ島駅、徒歩7分です。
が、
個人的におススメなのは、江ノ電で来るパターンです。
初めて江の島に来る方には、是非とも有名な江ノ電に乗って欲しい!

藤沢駅から出ていますので、そこから約10分で江の島駅に到着、降ります。
会場となる江の島までは徒歩15分ほどかかりますが、そこまで続く商店街には

素敵なお店も沢山あるので、ゆったりと過ごしたい方にはこちらもどうぞ。

もちろん、帰りは一番近い小田急片瀬江ノ島駅で帰って下さいね^^

バスは、周辺の道が激混みですので、乗らない方がいいです!

そして、車で来る方は、花火大会当日は駐車場の数も制限されていますので
午前中に到着が必修です。
午後からは、周辺の道も本当に混雑します。
頑張って早起きしましょう!

遠方からの道に関しては、国道467号線を使って来る方が多いですが、
この道は、まず渋滞します。
少し遠回りになりますが、都内から来る方は、東名高速経由などで
圏央道の藤沢インターから江の島に向かうのが、一番時間がかからずに
来れるかと思います。
帰りも同じだと思って下さい。

まとめ

季節は秋、夜の風は寒く感じるかもしれません。
寒さ対策を十分にして、花火と共に素敵な夜を過ごして下さいね。

スポンサードリンク