スポンサーリンク

愛知の「香嵐渓」という紅葉で有名なスポットをご存知でしょうか?

私は地元の事ながらお恥ずかしいことに、3年ほど前にこのスポットを知りました。

会社の先輩が紹介してくれたのですが、もうすごく紅葉が綺麗で、「紅葉のためにあるの?」と思えるようなスポットです。

愛知で紅葉といえば!と言っても過言では無いくらい紅葉が綺麗な、「香嵐渓」についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

香嵐渓の紅葉は、とても綺麗!

香嵐渓のもみじは、なんと今から約380年も前に植えられて、とても長い間紅葉を見る事が出来るスポットとして時代を超えて楽しまれてきました。

なんと植えられているもみじの数は「4千本」。
本数を聞いただけでも、とても綺麗な様子をイメージ出来るのではないでしょうか。

見頃は11月半ば~11月下旬頃で、たくさんの人で賑わっています。

朝も昼も紅葉を見る事が出来ますが、なんと11月の間は「香嵐渓もみじまつり」が開催され、日没~21時までライトアップも行われます!

私はこのライトアップされた香嵐渓の景色が大好きで、香嵐渓を知ってからは、毎年秋になると何度もこのスポットを訪れています。

4千本のもみじが植えられているため、香嵐渓のどのスポットもとても見応えがあるのですが、私のお気に入りのスポットは「渡月橋」の近辺です。

この橋ともみじを一緒に写真で写すと、本当にとても綺麗で、いつも何枚も写真を撮ってしまいます。

今までで見た紅葉の中で一番綺麗だと自信を持ってお伝えできる「香嵐渓」のもみじ、是非楽しんで下さいね。

香嵐渓はとても混雑する?

香嵐渓は紅葉のシーズンはとても混雑します。
特に自動車の混雑は酷くて、行きも帰りも混み混みで、駐車スペースもなかなか見つかりません。

スポンサーリンク

香嵐渓の混雑を回避するには、思い切って平日の夕方などにお出かけすることをオススメします
土日は非常に混雑しますし、平日の夜もとても混むので、酷いときは車に乗ったまま時間がどんどん経っていってしまいます。

平日の夕方なら混雑も少なく、屋台なども楽しむ事が出来ますよ。

私は秋になると、仕事が落ち着いている日に午後から有休を頂いて香嵐渓に出かけていました。
屋台の食事もとても美味しいので、のんびり紅葉や屋台を楽しむ事が出来る平日の午後はとてもオススメです。

香嵐渓へのアクセスは?

香嵐渓へのアクセスは

お車以外の場合は、

・名鉄豊田線の「浄水駅」もしくは、愛知環状鉄道の「愛環四郷駅」で下車→とよたおいでんバスさなげ足助線(百年草行)

・名鉄三河線の豊田市駅下車→名鉄バス矢並線(足助行)

のルートが便利です。
バスは約50分ほど乗る必要があり、紅葉シーズンは混雑します。

お車の場合は

・豊田勘八IC→国道153号→香嵐渓

・猿投グリーンロード力石IC→国道153号→香嵐渓

のルートがあります。

駐車場はたくさんありますが、どこも混雑するため、かなり長い間探すことを覚悟したほうが良いです。

「迂回案内看板」という物が設置されますし、混雑する153号線にはライブカメラが設置されるので、お出かけになる時は、逐一確認してみて下さい。

アクセスは大変ですが、綺麗な紅葉を見ればきっと疲れが吹っ飛びますよ。

まとめ

香嵐渓の紅葉は、古くから有名で、4000本という本数にまずは圧倒されます。
辺り一面が紅葉だらけの様子は、本当に山が燃えているかのように綺麗です。混雑はしますが、本当に綺麗なので是非一度訪れてみて下さいね。

平日の夕方など、比較的早い時間帯は混雑が少なめなので、なるべく空いた時間帯を狙ってでかけてみてください。

ライトアップは日没~ですが、もみじ祭りの間は屋台もたくさん出るので、早い時間から出かけてもライトアップまでじゅうぶん楽しむ事が出来ますよ。

古くから楽しまれている香嵐渓のもみじ、楽しんできて下さいね。

スポンサードリンク