スポンサーリンク

新年のイベントといえば「初詣」ですが、「初日の出」も有名ですね。

新しい年の、朝の早くに綺麗な日の出を見ると、「新しい年になった」と実感する事が出来ますよ。

今回は岐阜で初日の出を綺麗に見ることが出来るスポット、「金華山山頂」での初日の出についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

金華山から見る初日の出

岐阜県岐阜市の金華山は、標高329mと周囲の山に比べて高いので、初日の出を見るには最適です。

毎年元旦には、初日の出を見に訪れる方でいっぱいで、初日の出が出た瞬間は「おぉ~」と感嘆の声があちこちから漏れたり、拍手をする人、そして万歳する人までいらっしゃって、とても盛り上がります。

毎年、元旦は岐阜城が日の出前の6時半から開館されるため、早い時間から並べば、なんと岐阜城からの初日の出も見る事が可能です!

2016年度はロープウェーの先着特典のプレゼントもあったそうですよ。

大勢で見る初日の出、とても楽しそうですね。

金華山の初日の出はとても混雑する?

金華山の初日の出は、例年とても混雑します
ギリギリの時間に登頂してしまうと、周りは人・人・人
人が多すぎて初日の出どころでは無くなってしまいます。

そのため、早い時間から登頂するか、少し山頂から離れた場所で初日の出を見ることをオススメします。

後述しますが、ロープウェーの元旦特別営業が例年5時から行われるため、徒歩で山頂まで登られる方は、ロープウェーの営業時間前に登頂することが出来れば、良い場所を確保する事が出来ます。
もしくは、ロープウェーの発車場所に、なるべく早く並ぶ事が大切です。

スポンサーリンク

それが難しい場合で、ゆっくり初日の出を見たい場合は、ドライブウェイの途中の小さな展望台で日の出を見るのがオススメです。
多くの方が、金華山の山頂で初日の出を見ようとするので、山の中腹なら混雑が少ないです。

特にオススメなのが、水道山という金華山に繋がる山の頂上から、少し金華山の方に歩いたところにある展望台です。
ここなら、標高もある程度確保でき、人も少ないため、ギリギリの時間に着いても混雑から離れて日の出を見る事が可能です。

ロープウェーの営業時間は?徒歩の場合の注意点は?

ロープウェーは元旦特別営業が行われるため、1日の午前5時~乗ることが出来ます
日の出がだいたい7時前後のため、じゅうぶん間に合うことが出来る時間ですが、とても混雑するので、あまり遅くだと山頂に着く前に初日の出が出てしまいます。

ロープウェー利用の場合は、毎年先着プレゼントもあるので、なるべく早く出かけてみましょう。

徒歩の場合は、初日の出が出る直前まではとても暗く、山道が険しいので注意が必要です。
必ず懐中電灯を持って出かけて下さい。
また、万が一、お連れの方とはぐれてしまった場合を想定して、必ず携帯電話やスマートフォンなどの通信機器も所持してくださいね。

まとめ

金華山の初日の出は、毎年混雑しますが、とても綺麗な日の出を見る事が出来ると、「今年は良いことがあるぞ!」という気持ちになれます。

混雑が苦手な方は、山頂まで行かずに、中腹で初日の出を見ると、混雑に巻き込まれなくて済みますよ。

ロープウェーは元旦特別営業が行われますが、とても混雑するので、あまり遅くなりすぎると初日の出に間に合いませんし、先着プレゼントもあるので、なるべく早めに行くようにして下さい。

徒歩での登頂の場合も、ロープウェイでの登頂の場合も、初詣で有名なスポット「伊奈波神社」に比較的近いので、初日の出を見た後は、「伊奈波神社」で初詣も行うと、よりお正月の気分を存分に味わうことが出来ますよ

曇っていると初日の出を見る事が出来ないので、こまめに当日の天気予報をチェックして下さいね。

スポンサードリンク