スポンサーリンク

初めてデイサービスを利用するのに、
「我が家のお爺ちゃんは果たしてここで一日を過ごせるのか?」
「何をしてくれるのかしら?」
と言う家族からの疑問があります。

そこで、私は、家族に対してお爺さんの以前していた事や、好きな事を聞いてそれを元に「いったいこの方は何に興味があるのか?」を連想していき周りの職員とも話合います。

デイサービスに来られて「今日、一日何にもしないでボケ~としていたよ」って事は言われないように前もって考えてから、その人に合ったプランを作成しておくのも仕事の一つなのです

一人ひとりの役割を持ってもらいながら無理強いせずに過ごしてもらう事が、デイサービスとしての関わりなのです。

利用者の一人ひとりの役割は?何をしているの?

デイサービスでは、ただお風呂に入りに来たではなく、来られた日になにかしら目的を持って達成していくのを目標にと、思い一人ひとり簡単な目標があります。
長期目標だったり、短期目標だったり人それぞれ違った目標があります。
これらは、ケアマネージャーが作成し、それを家族に了承を得た上で介護職員がお手伝いをすると言う形です。

実際に現在も職員をと一緒にしている事があります。
それは、洗濯干しや、洗濯物を畳んだりです。

主婦の方や、男性の方も毎回お風呂で使ったタオルを干したり、畳んだりしてます。
たまに、「なんで、私ばっかりしなきゃいけないの?」とお怒りになる利用者がいると職員がその中にはいりサポートしたりしてます。
その方は被害妄想の始まりなので一旦は下げて違う事をしてもらいます。
そのような中で、利用者一人、一人に対応していきます。

スポンサーリンク

また、他の利用者は、お昼で食べおわった食器を拭く方もいます
その方は几帳面で濡れた所があると凄くきれいに仕上げてくれます。
その都度、丁寧なお礼をしてます。
デイサービスへ来られる利用者に対して、出来る範囲の事をしてもらうことを、念頭に置きながら日々活動してます。

役割があるとデイサービスへ来る楽しみが増します

上記で述べた通り、デイサービスへこられる方はそれぞれの分担があります。

一人暮らしの高齢者は、話す相手はテレビと言う事を耳にしたことがあります。

デイサービスへは、多きときでは、12人の利用者が通って来ます。
その都度、利用者は「今日はすることあるの?」と聞いてきます。
「毎日、ありますよ」
と冗談で言うと
「あら、やだ、じゃー、私に毎日来い?と言う事かしら?」
と楽しそうに笑いがでます。
そんな雰囲気の中で笑顔があります。
「うちに居たって誰も話し相手いないからここに来られるだけましだよ」
と言う利用者もいます。
ここにこられる利用者達は何かの役に立ちたいという方がほとんどです。

デイサービスへは、生きる気力のお手伝いをし、誰かと話をする場でもあります
そして、自宅で今までと変わりない生活をするお手伝いの場でもあります。
もし、今後、デイサービスへ行かれる場合は、役割があるのか?楽しみはあるのか?を定めて見学へ足を運ぶ事をお勧めします

まとめ

デイサービスでも色々な雰囲気のデイサービスがあります。
その人本人に合った場所が必ずあります。
肝心なのは、行く側の気持ちを読み取り、不安にならないようなデイサービスを探すのも良いです。

初日に行ったのはいいが「もう、あそこはいかねー」と言う具合にならない為にも、ケアマネージャーの紹介が1番丁寧に探してくれます

地域包括支援センターもあります。市役所もあります。その時は遠慮なく相談してみて下さいね。一人では抱え込まず頑張らない介護をしてもらいたいものです。

お付き合いありがとうございました。

スポンサードリンク