スポンサーリンク

12月31日の大晦日~1月1日の元旦までの間、カップルで過ごす方が多いのではないでしょうか。

せっかくデートするなら、大勢でカウントダウンをして盛り上がりたいですよね!

東海地方でカウントダウンイベントがある施設で有名なのが「ラグーナ蒲郡」です。
例年のカウントダウンイベントでは、どのようなイベントやサービスを受ける事が出来たのでしょうか?

カップルで朝~翌朝まで楽しむ事が可能!ラグーナ蒲郡のカウントダウンイベントについてご紹介します。

スポンサードリンク
  

ラグーナ蒲郡のカウントダウンイベントの詳細を教えて!

ラグーナ蒲郡のカウントダウンイベントは、毎年12月31日~翌1月1日の1時まで行われます。2016年-2017年の年越しは土日だったため12月31日10時~翌1時までのチケットが売り出しになりました。

例年は12月31日の昼営業終了時間(18時)~翌1時までだったので、年越しが平日となる今年も例年と同じになる可能性が高いです。

通常は遅くても22時には営業終了となりますが、カウントダウンイベント当日は翌朝の1時まで滞在出来るため、夜のラグーナを存分に楽しむ事が出来ます

カウントダウンイベントではアーティストによるライブも行われます。
愛知出身のアーティストが多いのですが、有名なグループも参加するので例年とても盛り上がりますよ!

ただのカウントダウンライブだと、自分の好きなアーティストが出ていない間は暇してしまったりする事もありますが、ラグーナではライブエリアと乗り物のエリアを行ったりきたりする事が可能なので、好きなときにライブを聞いて、好きなときに乗り物を楽しむ事が出来ます。

通常営業が終了してからは、子供連れなどのグループが帰ってしまうので、エリア内の人が減って乗り物に乗るにも順番待ちはほとんどなく、好きな乗り物があれば何度も楽しむ事が出来ます!

乗り物も楽しめて、ライブも楽しめて、年越しの瞬間を大勢で盛り上げる事が出来るなんて最高のデートになりそうですね。

スポンサーリンク

カウントダウンの瞬間はどんな感じなの?当日の混雑具合は?

年越しの瞬間は、花火や風船が宙に舞いとても盛大に行われます。
ライブに出演しているアーティストと、ナビゲーターが盛り上げてくれ、およそ8000人の来場客全員でお祝いするので、とてもヒートアップします。

カップル連れも多く、カウントダウンの瞬間をカップルで喜び合っていますよ。

日付が変わる瞬間が過ぎてからも、営業終了時間の1時まではライブ会場を中心に熱気に包まれるので、「年が変わったんだ!」「新年だ!」という気持ちが強くなります。

お隣の人たちと、ハイタッチなんかもしましたよ!(^^)!
当日はライブ会場が特に混みます。

毎年愛知県出身の目玉アーティストが参加するため、そのアーティスト狙いのファンがやってくるからです。

直近だと

2014年
・HOME MADE 家族
・nobodyknows+

2015年
・nobodyknows+
・kingrassHoppers

2016年
・SEAMO

をはじめとする有名な愛知県出身の地元アーティストが参加しています

ライブ会場以外はあまり混まないので、もしライブ目当ての場合は昼営業が終わる1時間程度は前から並んでおくことをオススメします。

営業終了からの過ごし方は?

営業時間が朝1時に終了するため、その後の過ごし方はどうしたら良いのか迷いますよね。

電車でアクセスする場合、始発まで時間がありますし、車でのアクセスの場合も、せっかくカップルでカウントダウンイベントに参加した後、そのまま帰るのも淋しいですよね。

実は例年ラグーナ蒲郡では、アトラクションなどのエリアの営業時間が終わった後も、併設のフェスティバルマーケットは電車の始発時間まで一部開放されるんです!

食事も販売されるので、「ライブやカウントダウンに夢中で食事を取れなくてお腹がペコペコ」な方も安心です。

私は2015年のカウントダウンに行ったのですが、やはりライブ終了後もなんだか帰りたくなくて、フェスティバルマーケットを当時の彼とうろうろして過ごしました。

年越し後ってなんだか特別な気分なので、その気分のまま遊べるのは有難いですよね。

まとめ

ラグーナ蒲郡のカウントダウンイベントは、毎年とても人気です。
ライブもとても盛り上がりますし、ライブがあまり好きでない方も乗り物とカウントダウンを楽しむ事が出来ます!

コンビニ等で販売される前売りチケットを購入するとお得な料金で入場出来るので、参加を早めに決めましょう!

カップルで参加するなら、イベント後もフェスティバルマーケットでデートの続きをすると、よりいっそう大晦日~新年を楽しむ事が出来ますよ。

スポンサードリンク