スポンサーリンク

星野リゾートと言えば、経営不振のホテルや旅館を立て直す、総合リゾート会社ですね。

青森県には、この星野リゾートが手掛ける「青森屋」(旧小牧グランドホテル)があります。
「のれそれ青森」(徹底的に青森)というコンセプトのもと、今では経営モデルとしても採用されるほどの成功をしたホテルの一つです。

コンセプトにもある通り、お客様に「徹底的に、青森県を味わってもらうこと」を追求した星野リゾート「青森屋」の魅力をご紹介したいと思います!

スポンサードリンク
  

食材の宝庫、青森をおなか一杯! 3つの郷土料理レストランと酒場

「青森屋」には地元青森にとことんこだわったレストランが用意されています。

みちのく祭りや

青森屋一番の押しがこの「みちのく祭りや」だといっても過言ではない、主役級のショーレストランです。

このレストランでは、青森の四大祭り「青森ねぶた祭り」「弘前ねぷたまつり」「五所川原立佞武多」「八戸三社大祭」の祭囃子、太鼓が打ち鳴らされ、本物の祭りに参加しているような臨場感を味わうことができます!

青森の方言まるだしの司会、二台の大型ねぶたの山車、素人参加可能なハネト体験…。

青森の魅力を詰め込んだ、このレストランでは、「お祭りずっぱ御前」を楽しむことができます。

祭囃子に耳を楽しませ、お祭り前夜のような、にぎやかなお食事が楽しめること間違いありません。

のれそれ食堂

みちのく祭りやが、心躍るレストランである一方で、「のれそれ食堂」(のれそれ=目いっぱい、全力)は、心落ち着く母の味を大切にしたレストランです。

「かっちゃのぬくもりご飯(お母さんの温かいご飯)」をコンセプトとした料理は、まるで地元に帰ってきたような美味しい温かさにあふれています。

青森の郷土料理がバイキング形式で並ぶ食堂で、温かい時間を過ごしてみてください。

この二大レストランの他、古民家レストラン「南部曲屋」や大衆酒場「ヨッテマレ酒場」(酔ってしまえ酒場、寄ってしまえ酒場)など、幅広い年代の方が楽しめるお店が「青森屋」の中にはあります。

是非、館内をゆっくりと散策してみてくださいね!

館内各所につけられている名前が、すべて方言というのも、「のれそれ青森」のコンセプトを感じることができて、さすが星野リゾート、という感じがしますね。

スポンサーリンク

アクティビティが豊富!たくさんの体験を旅館から!

この「青森屋」のもう一つの魅力が豊富に用意されているアクティビティです。

毎月用意されている数多くの体験型イベントにも「のれそれ青森」のコンセプトがしっかり根付いていて、青森でしか体験できないものが用意されています。

秋のオススメは「季節の馬車~紅葉りんご馬車」や「じゃわめぐりんご×ほたて祭り」などの、青森限定のイベント。

「紅葉りんご馬車」では、季節によって色が変わる、りんごの色の移り変わりを馬車に乗ってみて回ることができます。馬車内では、旬を迎えた2種類のリンゴの食べ比べも用意されています。

「じゃわめぐりんご×ほたて祭り」では、日本初のりんごが出てくるガチャガチャや、蛇口をひねるとリンゴジュースが出てくる催しなど、お祭りを青森らしく、楽しく作り上げています。

毎月、たくさんのイベントを企画されているので、宿泊される際には是非チェックしてみてくださいね!

星野リゾート系列のホテルをはしご!温泉を楽しもう!

実は青森県には「青森屋」の他に「奥入瀬渓流ホテル」というホテルがあります。

奥入瀬渓流ホテル」も星野リゾートによって再生されたホテルの一つです。(旧奥入瀬渓流温泉)
このホテルは温泉がオススメのホテルです。

2017年4月にリニューアルオープンした渓流露天風呂、八重九重の湯は眼下に広がる奥入瀬渓流を楽しみながら良質のお湯を楽しむことができます。

「青森屋」からはこの「奥入瀬渓流ホテル」での温泉を楽しみ、奥入瀬渓流の散策をできるアクティビティが用意されています。

希望者にはホテルでの昼食も楽しんでいただけるようですので、希望される際はご予約をお勧めします!

同じ星野リゾート系列であっても、「のれそれ青森」をコンセプトとした「青森屋」と「奥入瀬渓流ホテル」では、その雰囲気もお料理も全く違うものになっています。
そうした観点からも、楽しんでいただける、オススメのコースとなります。

まとめ

ホテル再生事業で有名な星野リゾート。
青森県の良さを前面に打ち出したホテル「青森屋」は、青森県民も一度は泊まってみたいホテルです。

周辺には、広大な敷地の公園や、シャトルバスを利用すると奥入瀬渓流にも行くことができます。
大自然に囲まれて、青森が目いっぱい詰まったホテルで日常を忘れて、田舎の良さを心地よく体験してみませんか?

お客様を「けやぐ=友人」のようにもてなし、喜んでいただくことを最大のキーとして運営しているホテル「青森屋」。
是非一度、訪れてみてくださいね。

スポンサードリンク