スポンサーリンク

忘年会の司会進行役を初めて任されたら、ちょっと戸惑いますよね。
会社内の決まりごとや、役職のことなど、あまり詳しくないのにどうしよう、なんて考えちゃったりしていませんか?
会社によって、やり方や決まりごとがあって、少しずつ違いはありますが、だいたいの流れなどは似ているので、おおまかに説明したいと思います。

スポンサードリンク
  

幹事さんの司会進行の方法は、何が初めで何が最後なの??

忘年会の司会は、「開会宣言」で始まり、「閉会宣言」で幕を閉じます。
この宣言は、2つとも司会進行役、つまり自分がするものです。その間に上司のあいさつや、乾杯の音頭などが入ります。

司会進行役の重要な役割は、会をスムーズに進めることと、時間の管理です。
会場をおさえてある時間内に、会を終わらせなくてはなりません。
かといって、あせって目上の人に失礼があってはいけませんね。

そのためにも、昨年の司会進行役だった人や、社内で過去に経験したことのある人に聞くと、失敗を防ぐ手立てになります。

あとは流れを把握して、何度も確認してカンペなどを作っておけば、大丈夫です。

では流れがどんなものか、くわしくみていきましょう。

忘年会の順番とあいさつの順番は

1.開会宣言
2.上司のあいさつ
3.乾杯の音頭
4.食事・歓談・余興・表彰など
5.締めのあいさつ
6.閉会宣言

順番は、だいたいこのようになっていることが多く、
2と3が入れ替わる場合もありますが、その会社のやり方によって、決めてください。

1. 開会宣言

会の始まりを告げるあいさつとなります。
自分の簡単な自己紹介を入れて、元気よくスタートしましょう

もし、スタート時間になっても、会場に集まっている人数が3分の2以下の場合は、迷わず上司や会の責任者へ相談し、開始時間を決める必要があります。

スタート時間をずらしたら、このあとのタイムスケジュールも臨機応変に変更していけるよう、余裕を持ったスケジューリングをする、または2つのタイムスケジュールを責任者と事前に用意しておくといいですね。

2. 上司のあいさつ

ここであいさつをする人は、社内で1番偉い人です。社長、事業所長、支店長などなど、様々なパターンがあると思います。
ここで大切なことは、事前にあいさつをお願いにあがるということです。当日いきなりのお願いは避けましょう。
司会進行の経験者に、いつ頃、どのようにお願いに行けばよいか、聞いてみてはいかがでしょうか。
同じ人が毎年お願いされているとしたら、通年どおりに進めるのが一番です。いつもこのくらいの時期がいいよ、というような相手の都合がわかるに越したことはありません。

スポンサーリンク

また、寸志(すんし)、心付けなどを頂いた場合は、上記のあいさつのあと、紹介します。
例)「○○部長より、ご厚志(こうし)を頂戴しておりますのでご報告致します」など。

緊張するでしょうが、あいさつをした人にお礼の言葉を述べてから、というのを忘れないでくださいね。

3. 乾杯の音頭

ここでも、寸志を頂いた人へのお礼をきちんと述べてから、次に進みます。
乾杯の音頭は、3番目に偉い人が担当することが多いと思います。同じ役職の人が複数いる場合は、歳が一番上の人になります。
これも、事前にお願いしておくことを忘れずに!(^^)
役職や部署、名前を正確に確認しておくことも重要ですよ!

4. 食事・歓談・余興・表彰など

30分~40分ほどの歓談が入れば、ここで少し休憩ができますが、気をゆるめてはいけないのが時間の管理です。
あっという間にまた自分の出番が来ますから、しっかりと時間をチェックして、滞りなく進められるよう準備しておいてくださいね。

ビンゴゲームや、なにかの余興にはアドリブが必要になりますが、盛り上げるのが得意な人助っ人に呼んで、打ち合わせをして一緒にいどむとラクに進められます。

5. 締めのあいさつ

これは、通常2番目に偉い人にお願いします。
もちろん、これも事前にお願いをしておきますが、余興や歓談のあととなると、心の準備ができないままとなっては良くないので、あいさつをしてもらう時間の10分ほど前に、一度を声をかけます。

そして、ザワザワとした中で話を聞いてもらうのは中々困難なので、あいさつをする人と親しい人や、自分と仲の良い人の協力をあおぎ、拍手をしてもらうなど打ち合わせておけばスムーズです。

6. 閉会宣言

これは自分の担当ですね。
会の終わりを、無事に迎えられたことへの感謝を述べます。

二次会がある場合は、二次会の誘導文句も入れます。
責任者と打ち合わせをして、どんなことを盛りいれるか一緒に考えてみてくださいね。

まとめ

初めてだと、分からないことがたくさんあって不安もあるかと思います。
でも、まずは経験者の話をきいたり、会場を下見したり、できることを1つずつ進めていきましょう。
でも、自己判断せず、不明点は責任者や上司へお伺いを立てて進めるようオススメします
会の準備に関わる人たちとしっかり打ち合わせをして、下準備を整えていれば、多少のハプニングにも協力して対応できるはずです。

また、会の始まる前と終わったあとに、責任者や幹事(自分でないなら)へ一言あいさつ
(よろしくお願いします、ありがとうございました)をしておくといいと思います。
うまくいくことを願っています。
がんばってくださいね!

スポンサードリンク