スポンサーリンク

お子さんの成長を祝い、そしてこれからの成長を願う七五三。
着物の購入、またはレンタル、両親を招待するか否か、などなど計画することがたくさんですね。
その中でも一番の悩みどころでもあるのは、神社のことではないでしょうか。
決まりごとなどが色々ありそう…。

大丈夫です!そんなに難しくありませんよ♪
以下にまとめてみたので参考にしてみてくださいね

スポンサードリンク
  

七五三の神社の選び方また、予約はしておいた方がいいの?

神社選び方、迷いますよね。
けっこうあちこちに神社ってありますもんね。
ありがたいことでもありますが、1つを選ぶとなると悩みますね。
でも、大きく分けると3つのパターンになるかと思うので、少し詳しくみていきましょう。

地元の神社

一般的には昔から自分たちの住む地元の神社を選ぶ人が多いです。
と言うのも、昔は医療も未発達だったため小さな子どもは短命で、「七つ前は神のうち」といわれ、子どもが7歳になるまでの命は神様にゆだねられていると考えられていました。
無事に7歳を迎えた子はやっと「人=氏子(うじこ)」とみなされ、「氏神」と呼ばれる地元の神様のもとに住む者の一員になれたのです。
そのため、地元の神社へお参りに行く風習が残っているのです。

お宮参りした神社

お宮参りをした神社で、今度は七五三、という人も多いようですね。
ひいてはお子さんが生まれる前に腹帯をもらいに行った神社でお宮参り、七五三、とすべてをするという人もいます。
お子さんのことをずっと見守ってくれているような気持ちで、なんだか安心というか、心強さみたいなものを感じるようです。

有名な神社・初めての神社

現代は転勤などの色々な事情で引越しが昔より頻繁になりました。
そのため、地元の、といってもずっと住むかわからないな、という人も多くいらっしゃるかと思います。
でも、神社選びの選択肢はけっこう幅広く、有名な神社だったり、初めて訪れる神社でもOKなんです。

大切なことは、主役であるお子さんの成長を感謝・祈願すること。
なので、なれない着物を着るお子さんの体力を考えて駐車場があることや、鳥居から拝殿までの距離が短めの境内の神社を選ぶのがいいと思います。

スポンサーリンク

写真屋さんに七五三の出張撮影を頼む場合は

神社の敷地内で撮影することを希望する場合は、神社側へ事前に撮影の許可をとったほうがいいですね。
撮影許可をもらえる神社と写真屋さんの出張可能範囲との兼ね合いを考えることも必要になるかもしれません。

予約の確認は必須!!

お参りの時期によっては、とても混雑します。
11月15日前後の土日は特にピークなので、ここをねらっているなら3ヶ月前くらいからリサーチしておくのがベストだと思います。
予約はいつからできるのか、神社のレイアウト(神社内の地図)、お参りの流れ、参拝料(謝礼金額)などですね。
混雑を避けてや、体調などの事情で11月15日前後ではない日取りでも、神社への連絡は入れておくといいと思います

ちなみに9月の終わりごろから12月初旬などでも、七五三のお参りを受け付けている神社は多いので、例えば2人目や3人目を妊娠中でもゆったり参拝できて安心ですし、時期にこだわらないなら意外とオススメです。

お参りの金額(初穂料)はいくらくらい包むの?相場はいくらかな?

七五三の謝礼は「初穂料(はつほりょう)」とも呼ばれ、神社によっては金額が決まっているところもありますが、だいたい3,000円から10,000円です。
もし、2人同時にという場合なら、1人分として包む金額×2となります。

神社に問い合わせて「お気持ちで」と言われた場合は、相場である金額の間くらいの1人5,000円を目安に考えると良いかと思います。
地域によっても違いがあると思いますので、神社への確認は一度入れておきましょう

のし袋には何を書くの?のし袋の書き方

のし袋は、紅白の蝶結びになった水引きのものを使います。
書き方は、上部には
御初穂料
御初穂
玉串料(たまくしりょう)
いずれかでOKです。

下部には、お子さんの名前をフルネームで記入します。
2人同時に、の場合は、2人分を同封して連名しても大丈夫です。
もちろん別々に包んで分けても、どちらでも問題はありません。

この謝礼は神社の受付で七五三の祈願申込みをするときに渡します。

まとめ

色々と段取りを考えなくちゃいけない七五三ですが、3歳から7歳の小さいお子さんが主役となるかわいい盛りのイベント♪
にこやかに過ごさせてあげられるような場所選びや時期選びを考えたいですね。
私もこのほど、地元の神社でお参りした七五三のことを思い出しましましたが、着物を着て得意げにポーズをとる子どもの初々しい姿は今でも覚えています。
何年後かに写真を見たとき、キュンとなること間違いなしです♪

スポンサードリンク