スポンサーリンク

結婚して、初めての年末・・・
パートナーと一緒に年越し、楽しみですね♪
その前に、お歳暮の贈答を無事に済ませて、気兼ねなく気持ちのいい新年を迎えたいですよね。
お歳暮の基本的な知識やちょっとしたマナーをおさえていれば、難しいことはないので、1年の締めくくりとして、お世話になった方々へ感謝の気持ちを贈りましょう♪

スポンサードリンク
  

新婚さんでお歳暮はいつ頃から贈ればいいの?

お歳暮を贈る時期ですが、12月の初旬から12月20日頃までに贈ります。
地域によっては11月末に贈って12月初めに届ようにする場合もあるようですが、大きくわけて
関東→12月初め~
関西→12月13日~

が目安のです。

12月13日は「事始めの日」と言われ、お正月の準備を始める日になっています。
これが、12月20日までくらいで、このあとになると、年末に近づくほど贈るほうも受け取るほうも忙しくなるため、20日以降に届けるのは避けるのが無難です

お歳暮はどこまでの親戚に贈ればいいの?

お歳暮を贈る相手って、ちょっと悩みますね。
日ごろお世話になっている人、といっても相手によりけりですし、あまりたくさんの人に贈ると出費もかさみますよね。
お歳暮は、感謝の気持ちを贈るものであって、「こういう人に贈らなければならない」という決まりは特にありません

ただ、新婚であれば、仲人や媒酌人の方には一般的に最低3年間は贈ったほうがいいかと思います。
できれば、2人そろって家まで届けに会いに行き、直接ご挨拶して、仲の良さをみてもらうというのが一番で、先方さんにも喜んでもらえると思います。
会うことが難しい場合は、手紙を添えて贈ると気持ちがこもっていいですね。

あとはお互いの両親、会社の上司・・・などですね。

そして親戚関係が、悩むところですね。
両親の兄弟までは贈るという家庭が多いようですが、その家の風習によって違う場合もあります。
聞けるようであればご両親にその範囲を聞くのが一番
分からない場合は、もし経済的に許す範囲で贈れそうであれば、一度贈ってみて、その反応をうかがうというのも手です。
必要ないよ、という反応なら翌年からは遠慮なくリストからはずすことができます。
逆であれば贈り続けるのが正解ですよね。

スポンサーリンク

毎年のことになるので、初めてのときにしっかり範囲を把握しておく(調整しておく)ことをオススメします。

万一、贈り忘れた場合

気づくのが遅くなったり、何かしらの事情で12月20日までに贈れそうにない…!という時は、そのお詫びを必ず伝えて、「御年賀」として贈ります。その場合は、のしも「御年賀」に変えて贈ってくださいね。

お歳暮が先に頂いた場合

もし、自分が贈るより先にどなたからか届いた場合は、お礼状やお返しを頂いてからすぐに出しましょう。

お歳暮はどんな物をおくればいいのかな?

お相手の好みがわかっていれば、それを贈るのがベストですが、必ずしもそうとは限りませんね。お相手の家族構成を参考にするのもいいですが、それでも悩んでしまう場合は、以下を参考にしてみてください♪

お歳暮に贈るもの

贈られて嬉しいものランキング
1位 商品券・ギフト券
2位 ハム・ソーセージ
3位 ビール券
4位 油・調味料
5位 洗剤類、コーヒー

商品券・ギフト券は、やっぱり便利ですよね。
好きなものを選べるというのは最大のメリット♪
あと、「贈ったことのあるものランキング」でも、ハムやソーセージは上位にあります。
私も、チャーシューやハムを何度か頂いたことがあります。保存のきく食べ物や、自分では普段あまり買わない少し高価な油や調味料なども新年を迎える時期に最適な気がします。

お歳暮に選ぶ贈答品の相場

だいたいの相場は、送り先にもよりますが、3,000円から5,000円くらいです。新婚で20代であれば、親類関係には3,000円~でもいいと思います。

日ごろの感謝の気持ちを贈る、という意味では、チープすぎても高すぎてもよくないですし、毎年贈るならだいたい同じ値段のものを贈るのがいいとも思うので、金額の設定や贈ったものはメモしておいて、来年以降も参考にするといいですね。

年賀状を送るリストにちょっとメモを入れて、一緒にまとめておくのもいいかもしれません。

まとめ

私の場合は、お歳暮は必要ないよとおっしゃった人には、毎年、年賀状を出して、1年の感謝の意と新年の挨拶を手書きで書いています。

新婚だと相手のご家族とのおつきあいも本格的に始まって、色々考えるところがあるかと思いますが、やはり感謝を忘れずにいることは、関係性をよくする第一歩だと思います。気持ちをダイレクトに伝えることが苦手な日本人にとって、こういった風習があることはある意味ラッキーかな、とも思います。

私もお歳暮の時期はバタバタしますが、子どものことも含めてそれだけお世話になっているんだよね…と思い返しながら毎年末を過ごしています。

スポンサードリンク