スポンサーリンク

乾燥する時期にになってきました。こんな時に乾燥肌でお困りな方、
お風呂で試していただきたい方法があるので、是非やってみてください。

毎日入るお風呂その日のうちに汚れをゴシゴシ洗ってはいませんか?
ゴシゴシ洗いは、お肌のトラブルの原因にもなりますので、正しい洗い方や
乾燥肌にいい食べ物をご提案いたします。

スポンサードリンク
  

乾燥肌トラブル!お風呂でやってはいけないこと!

1番風呂が良くない!
シャワーも長めに浴びるとよくない!
お風呂の温度は41度以上はやめましょう!
長風呂はお肌によくない!
身体を洗うのは、ゴシゴシ洗いはよくない。
お風呂上がりでの、バスタオルでゴシゴシ拭くのはよくない!

やってはいけないことの解決策

一番風呂はよくない!
一番風呂がよくないっていいますが、誰かを犠牲にしないと、誰も入れないじゃんって
思いますが、そうなんです。
誰かが入ってくれればいいのですが、誰を犠牲にしましょうか?(^^;
お父さんを犠牲にしようか子供達をを犠牲にしようか迷うかもしれませんが、
でも、大丈夫です(^^♪
なんで、一番風呂がよくないと思いますか?
それは、お水に含む残留塩素(カルキ)なんですね!その塩素が分解されれば、いいのですが、
一番にお風呂に入った方の皮脂やたんぱく質により、その塩素が分解されてお湯がやわらかくなるのですが、
誰かを犠牲にするのもかわいそうですよね・・・
残留塩素を分解する、食べ物?がありますのでご紹介いたします。
ゆず湯ってはいった事があると思いますが、そのゆずのビタミンCにより塩素分解されるので、お肌にいいといわれています。
でも、毎回毎回、ゆずを入れるのもってなるともいますので、他にも、お風呂用活性炭や粉末のビタミンCを入れるとか、
緑茶の出がらしを使うとか、カルキ抜き入浴剤などが市販で売っております。
その中で試されてみては!

シャワーも長めに浴びるとよくない!
やはりこれも残留塩素があるため、長いシャワーはおすすめしません。
解決策は、お風呂のお湯で、泡を流すとか、塩素除去のシャワーヘッドに変更するなど、
があります。

お風呂の温度は41度以上はやめましょう!
42度以上のお風呂に入るとセラミドが流れてしまい、お肌がカサカサになってしまいます。
セラミドがあることで肌に水分が保たれお肌のバリア機能が働きます。

スポンサーリンク

長風呂はお肌によくない!
先ほども伝えしたよう長風呂もセラミドが流れてしまうので、41度以下のお湯で、15分以内までにしておきましょう。

身体を洗うのは、ゴシゴシ洗いはよくない。
一日の汚れをボディソープで綺麗さっぱり!
ナイロンタオルでゴシゴシ洗っていませんか?ゴシゴシ洗いはお肌を痛めてしまします。
手でよく泡立てたボディソープの泡で洗うように致しましょう!
それから、乾燥肌がひどい人は毎日洗う個所は、顔、脇 胸 股と上から洗うようにしましょう!
全身を洗うのは週一程度でよいと思いますよ。

お風呂上がりでの、バスタオルでゴシゴシ拭くのはよくない!
これまた、ゴシゴシ洗いと一緒で、ゴシゴシ拭くと、皮膚を痛めてしまううので、やめましょう!
水分の拭くときは、押すようにして、水分を取りましょう。

乾燥肌にいい食べ物はなに?悪い食べ物は?

お肌は、良い食べ物って何?
ビタミンA ビタミンC、ビタミンE、たんぱく質、ヒアルロン酸、亜鉛

ビタミンA(βカロチン)ニンジンやホウレンソウなど
ビタミンC パプリカ(赤、黄)、菜の花などなど
ビタミンE アーモンド、モロヘイヤなど
たんぱく質 しらす、イワシなど
ヒアルロン酸 フカヒレ、豚足などなど
亜鉛 牡蠣、レバーなどなど

悪い食べ物って何?
カフェイン、ビタミンCを破壊して新陳代謝を悪くする。
スナック菓子やジャンクフードによくみられる脂分がおおく含まれる食べ物
脂分はコラーゲンの生成を邪魔します。
冷たい食べ物で血行が悪くなり肌の代謝が悪くなります。
冷たく冷えた生野菜などは、ほどほどにしましょう!

まとめ

この方法をまず1週間試してみましょう!
段々お肌が、もちもちになってくると思います。

保湿クリーム塗るときお風呂上がりのお風呂場で塗ると効果的です。
保湿クリームは肌がちょっと湿った状態で塗ると油分が入りやすいので効果てきです。
また全身に塗りましょう!
もしよろしくれば試してみてください。

スポンサードリンク