スポンサーリンク

 海の中道海浜公園は福岡県にある全国で5番目に設置された国営公園です。
地元では海の中道海浜公園を「うみなか」、「海の中道」と略して親しまれています。
高校時代の友人とよく夏休みなど遊びに行っていたな…。
そして、お互い大人になり、幼稚園児の親となった今。学生時代は、友人同士で遊びに行っていた海の中道海浜公園に今度は子供と一緒に遊びにいこうと思います。
親になっても子供と一緒にめいっぱい楽しみたい!
子供から大人まで1日楽しめる海の中道海浜公園の魅力をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

夏の海の中道海浜公園でずぶ濡れ?!子供がいたって楽しめる?

 海の中道海浜公園は、公園施設にいろいろ遊べる場所があります。夏だとやはり公園内になるサンシャインプールの流れるプールで流されたい!とそれはオーソドックスですし、サンシャインプールは海の中道海浜公園の入園料と別に料金がかかってしまいます。
 子供がいるし、親の気持ちではお金をかけずに楽しみたいもの。海の中道海浜公園には入園料だけで遊べる施設がたくさん!
 夏におすすめなのがまず、「遊べる噴水」。リズミカルに水が噴き出す噴水でいつ飛び出すかドキドキ。子供たちもおおはしゃぎです。場所は施設内の子供の広場にありますよ。
 次が、「水辺のトリム」。子供の広場にあり、冒険の池の一角を利用した水上アスレチック。丸太渡りやイカダ橋など、木や縄を使ったアスレチックがなんと21種類!
色々なアスレチックに悪戦苦闘しながら、大人も子供と身体を動かしてストレス発散。ただし、池に落ちてしまう可能性がありますので、慎重に!
 そして私が夏に一番おすすめするのが、「じゃぶじゃぶ池」。ちびっこ広場にある幼児用の水遊び場で夏季限定でオープンしています。プールの深さは20~30cm程度と浅いですし、何より入園料と別に料金はかかりません!水着などの着用が必要ですが、プールの周りには屋根付きのテーブルセットもあるので、見守りながら、時には一緒にじゃぶじゃぶしちゃいましょう。
 「遊べる噴水」、「水辺のトリム」、「じゃぶじゃぶ池」は水遊びできるので必ずタオルと着替えを準備して行ってくださいね!

スポンサーリンク

海の中道で手ぶらでBBQができる?!秋だってまだまだ魅力たっぷり?!

 夏はやはり暑さが厳しい。秋の海の中道海浜公園だって魅力がたくさんなのです。
 公園施設内にはなんと!「動物の森」、そう動物園があるのです。もちろん海の中道の入園料で楽しめます。大小さまざまな動物たちが暮らしており、カピバラやカンガルーは柵で囲まれた一帯を通路があり、その中を通る時は通路でお昼寝していたり、歩いたり。触れることも!
 ヤギやヒツジ、水鳥にはエサをあげられたり、ふれあいコーナーでモルモットを抱っこしたりと、動物たちと間近でふれあうことができます。ちなみに、「動物の森」の園路は舗装されているため、ベビーカーでも散策ができちゃいます。
 そして、秋にぴったり「花の丘」と「バラ園」。
 まず、「花の丘」は秋頃だとコスモスが一面に咲き誇り、赤やピンクなどまるで花の絨毯。
 「バラ園」は春、秋と楽しめる4000平方メートルの敷地にたくさんの種類のバラがあり、きれいな花と共に、素敵な香りが漂ってきて、魅力たっぷりの場所です。
 10月上旬~11月上旬までは「うみなか*はなまつり」が開催中。
週末には園内各所で動物ふれあいやクラフトイベントなど、子供と一緒に楽しめるイベントが盛りだくさんです。
 海の中道では、なんとBBQもできちゃうのです!入園料と別にBBQサイト利用料(1区画¥2000)がかかります。BBQはデイキャンプ場で楽しめ、そこからは、博多湾の景色や対岸にはヤフオクドームが見え、友達家族といくときはみんなで楽しめるのでぴったりです。
 「BBQをしたことがないから何を準備したらいいかわからない。」という方でも大丈夫です。
 「手ぶらDEうみなかセット」というプランがあります。お肉や野菜、焼きそばセット、ウーロン茶など手ぶらで行っても大丈夫。またセッティング、火付け、片付けなど全てスタッフがしてくれます。コースは1人2500円~3200円まで様々なコースありお好きなものを選べます。
 デイキャンプ場はインターネットから予約も可能ですので、予約して利用するのがおすすめです。
(デイキャンプ場予約システム: http://www.uminaka-bbq.com/

海の中道海浜公園への行き方は電車?フェリーでも行けるの?!入園料は??

 海の中道海浜公園へは自家用車であれば、福岡都市高速の香椎ランプを降り、海の中道大橋を通り、西戸崎方面へ。大駐車場があり、普通車の料金は¥520です。
 電車で行く場合は、JP博多駅から鹿児島本線でJR香椎駅下車、西戸崎行きの電車に乗り換えて、海の中道駅で降りてください。博多駅から所要時間は約40分です。
 また、フェリーを利用して行くこともできます。これは私のおすすめです。博多駅からバスで博多港埠頭ベイサイドへ。そこからフェリーで約20分の船旅。
乗り換えがある場合は、子供が待ちきれなくてぐずったりして大変なんですよね。
ですが、安心してください!
ベイサイドの待合所には大きな水槽があり、色鮮やかな魚たち、エイやサメなどの大きなものからなんとウミガメまでいて、乗船までの待ち時間も楽しく過ごせます
もちろん観覧無料です。

海の中道海浜公園の入園料は大人410円、小中学生80円、小学生以下は無料とかなりお安いです。
もちろん公園内の遊具、動物園等は無料(一部除く)で楽しめますよ。
そして、10月15日、22日は無料開園日!広い公園敷地内を無料で楽しめる貴重な日。但し、この無料開園日は年に数回あるのですが、利用者が多い!!10月はどちらも日曜日ですので、朝早めに行くのがおすすめです。
開園時間は9時30分~17時30分。(11月から2月は17時までです)

まとめ

 子供と一緒に大人も楽しめる海の中道海浜公園。広い公園内には、今回おすすめした遊び場以外にもたくさんの遊具があり、紹介できなかった場所もたくさん!
それだけ魅力たっぷりな場所ということですね。
 福岡の街中から少し離れた海の側の景色が奇麗な場所です。
子供は思いっきり身体を動かして、大人は日々の謙遜を忘れて子供の頃に戻ったような気分でストレス発散できますよ。
 利用料もリーズナブルなので、ぜひ友達家族とみんなで夏も秋も満喫しちゃいましょう!

スポンサードリンク