スポンサーリンク

交通事故って起こさなければいいのですがいつ起きるか予測はできませんよね!

自分が気を付けていても相手に突っ込まれることもあるし、簡単な知識さえあれば、
いざ、交通事故を起こしてしまったら場合の行動を、よく覚えていきましょう!

軽い事故でしたらそうでもないかもしれませんが、大きな事故の場合、

自分の車で、相手の車がグチャグチャになった大きな事故をしてしまった場合はもしかしたら、
「どうしよう、どうしよう」とパニックになってしまうかもしれません。

そんなとき、どんな行動をしてよいのかを、ご提案いたします。

スポンサードリンク
  

交通事故を起こしてしまったらまず警察?

被害者の症状にもよりますが、歩ける!意識がある!場合は、被害者の方はたぶん、怒っていると思います!
「なに飛び出してきているんだ」っと!

明らか自分が飛び出しちゃって事故を起こしてしまった場合は、謝罪いたしましょう!

交差点の事故は、必ず100:0にはなりませんので安心してください。

そんな時はすぐに警察を呼びましょう!

それから、被害者の方が意識があれば、「お怪我は大丈夫ですか」とか気を使って、
対応をした方が、何かと、その後の対応が違うとおもいます。

その後にひと段落したら任意保険に入っていると思いますので保険屋さんに連絡を致しましょう。

あれこれアドバイスをしてもらえると思います。

交通事故でけが人が出た場合はまず救急車を呼びましょう!

被害者、加害者問わずけが人が出た場合は急いで救助しましょう!
救助する時に、あまりにも車がぐちゃぐちゃで救助できない場合は、

一緒にレスキュー隊も来てもらえますので、救急車を呼ぶときに、その旨を伝えましょう!

パッと見で、意識がない骨折している場合は、応急救護!教習所でやりましたよね!

けが人をまず安全なところまで運びできることをやり救急車がくるまでまちましょうね!

できることと言えば、出血があれば、ハンカチなどで抑えたりして、止血してください。

誰か他の人がいれば救急車を呼んだりも同時にしてください。
同乗者がいれば同乗者、歩行者の方がいれば、お願いして手伝ってもらいましょう!

スポンサーリンク

歩行者もいなくて、一人の場合はスピーカーフォンで対応してください!

ここら辺も応急救護の実習の時にやりましたよね「誰か救急車読んでくださーい」って
叫びましたよね!あれってあの時は恥ずかしいかもせれませんが、いざという時は肝心ですので、

周りの人にも、助けてもらいましょう。

119番に連絡し救急隊に連絡がついたとき、被害者の方の症状を伝えてください。

例えば
意識があり、足が痛いといっているとか、
簡単でいいので、症状を伝えることが大切です。

救急車が来るまでけが人と一緒にいてあげましょう!
話掛かるのも、大事なことですので話す内容なんてなんでもいいです!

もし周りの人に、119番に連絡してもらった場合は警察も一緒に連絡してもらいましょう!
110番(警察)に連絡をした時に「事件ですか?事故ですか?」って聞かれますので「事故です」と伝えます。

救急車はすぐに来ますが警察は交番から来るのではないのでもし市町村の警察が遠ければ結構時間
がかかってしまうこともありますので近く交番があれば交番に行った方が早いです。

けが人が救急車で運ばれて警察が来るまで時間があれば保険屋さんに連絡してアドバイスをもらいましょう。
保険屋さんに連絡するにも事故現場でしましょうね。

交通事故で被害者がいて加害者がいます

どんな時でも被害者がいて、加害者がいます。
(単独事故でも物が壊れます)

車でバイクや自転車にぶつかった場合、軽く見えてもケガはどこかっしらにあります。

バイクの運転手や自転車の方が大丈夫だからっていってその場から離れる場合は、ひき逃げと一緒になりますから気を付けましょう!

もし、そのバイクの運転手や自転車の方がナンバープレートを覚えており、
警察に連絡したらあなたは逮捕されるかもしれません。

軽い事故でも警察に連絡するのが一番だと思います。

単独事故でも壁に激突しても被害者は壁の持ち主になりますよね。

ガードレールもそうです!国か市町村の持ち物になりまから!

ちょっとしたことでもまず、けが人がいなくても警察へ届けましょう!

まとめ

大きな事故は当たりませですが、小さな事故の時も警察へ届けましょう。

ほんとに軽くて被害者の方が本当に大丈夫です!
となったな場合は、事故後に何かあった場合の為に自分の連絡先や相手の連絡先を必ずきいて、おきましょう

その際、免許所を見せてもらうようにしてください。

信用していないわけではないのですが、本当にあっているかの確認も大切です。

携帯番号も一緒です。教えてもらったら一度電話しましょう。

そんなことも大事です。
もし事故を起こしてしまったら、落ち着いて行動するのが一番です!

スポンサードリンク