スポンサーリンク

豊かな水の流れ、一面真っ赤に染まった木々、四方から聞こえる鳥の鳴き声…。
青森県にある奥入瀬渓流の紅葉は人々を心から癒す美しさがあります。
奥入瀬渓流とは十和田湖畔・子ノ口から焼山までの14kmにわたる奥入瀬川の渓流のことをいいます。

国指定の特別名勝及び天然記念物にも選ばれている奥入瀬渓流の散策ルートについて、ご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
  

奥入瀬渓流で紅葉散歩をしよう!

自然の息吹を感じられる春、幻想的で森林の香りに包まれる夏、森が生命力を蓄える冬。
四季によって全く違う姿を見せる奥入瀬渓流。

今回は森が赤黄茶に染まり、すぅっと心地よい風が通り抜ける、
奥入瀬渓流の秋の散策はとてもオススメです。

深い自然におおわれた奥入瀬渓流では、豊富な水の流れと、生命力あふれる自然に出会うことができます。
散策道には大木が空をおおい、緑のトンネルが続きます。

十和田湖畔から焼山までの14kmの道のりは見どころ満載のスポットで溢れています。

ゆっくりと景色を楽しみながら歩を進めてくださいね。

アクセス方法は?奥入瀬渓流の見所ポイントは?

まずは、奥入瀬渓流の入り口、子ノ口か焼山を目指しましょう。

子ノ口から焼山までは、徒歩で5時間の道のりとなります。
自動車では40分程度の距離になります。

どちらからスタートするのかで、目指す場所が変わってきます。
当日に宿泊するホテルの場所、交通機関を確認して、スタート場所を決めるといいですよ。

●公共交通機関をご利用の場合

≪空港からのアクセス≫
青森空港~路線バス(青森駅行)~JRバス(十和田湖休屋行)
三沢空港~路線バス(三沢駅行)~路線バス(十和田市行)~路線バス(焼山行)

≪新幹線からのアクセス≫
新青森駅~JRバス(十和田湖休屋行)
八戸駅~JRバス(十和田湖休屋行)
七戸十和田駅~路線バス(十和田市行)~路線バス(焼山行)

JRバスが冬季運休期間(11月上旬~4月中旬)がありますので、出発前に確認しておいてくださいね。

奥入瀬渓流の見所ポイント5つご紹介!

今回は十和田湖畔・子ノ口からスタートする道のりをご紹介していきたいと思います。

奥入瀬渓流の見所ポイント

  • 子ノ口の水門
  • 銚子大滝(スタートから30分)
  • 雲井の滝(スタートから2時間30分)
  • 阿修羅の流れ(スタートから2時間50分)
  • 三乱の流れ(スタートから3時間50分)

5つの見どころを少し詳しくご紹介していきたいと思います。

子ノ口から奥入瀬渓流散策コースの案内看板にそって、コースに入っていきます。
しばらく歩くと子ノ口の水門が見えてきます。

スポンサーリンク

奥入瀬渓流の魅力の一つに、独特の穏やかな水の流れがあります。
ゆったりとした水の流れが流木などにコケをはやし、奥入瀬渓流の繊細な美しさを保っています。

そんな繊細な渓流を守るための水量調節をこの水門で行っています。
この門が、これから見て回る奥入瀬渓流を作る大切な役割なのだと知って散策していただけるとまた、また違った面白みが湧いてくるかと思います。

30分ほど歩くと、「銚子大滝」が見えてきます。
高さ7m、幅20mと大きな滝で、奥入瀬本流にかかる唯一の滝です。
奥入瀬渓流屈指の美しさを誇る、人気の滝になります。
最高の写真撮影の場所になりますので、是非思い出の一枚に収めていただけたらと思います。

地層が浸食された影響で複雑な形の岩を段々と流れる「九段の滝」や「不老の滝」「白糸の滝」「白絹の滝」「双白髪の滝」(一目四滝)に目を楽しませながら、2時間ほど歩くと「雲井の滝」に着きます。

「雲井の滝」は穏やかな滝が多い奥入瀬渓流の中で、迫力のある滝です。
高さは25mもあり、三段になりながら落ちていく流れは、見ごたえ十分です。
雲井の滝は水量が豊富なため、奥入瀬渓流にある他の滝よりも岩の浸食が早く、かなり奥まったところまで後退しているのも、特徴です。

雲井の滝から20分。
奥入瀬渓流を代表する「阿修羅の流れ」が見えてきます。
テレビや雑誌、ポスターなどでも紹介されていることが多い流れです。
その流れは、奥入瀬渓流で一番激しく、最も美しいと言われているそうです。
その素晴らしい景観から、絵を描く方や写真を撮る方で一日中賑わっているポイントです。
真っ赤に染まった木々の葉に、急流が見えるこのポイントは奥入瀬渓流の魅力が最も色濃く出ている場所なのではないでしょうか。

阿修羅の流れから1時間で三つの川が合流する地点に出てきます。
三乱の流れ」と言われるダイナミックな美しい流れに出会うことができます。
川の中にある岩の上に花をみつけることもできる、美しい景色です。

三乱の流れから1時間40分ほど歩いて焼山に到着します。
全行程5時間以上かかる道のりになりますので、十和田湖畔か、焼山か、どちらかに宿泊場所をご用意されるのをお勧めします。

焼山には星野リゾートさんが運営されている「青森屋」というホテルがあります。
大型ねぶたが常時展示され、食事会場でもねぶた祭りのライブが年中行われるなど、こだわりにあふれたホテルです。
是非、公式HPなどご覧になってみてください。

他にも「奥入瀬森のホテル」「十和田プリンスホテル」など、たくさんの魅力あふれた宿泊施設があります。
疲れた体をこだわりの宿泊施設でゆっくりと休ませてくださいね。

まとめ

四季折々の魅力溢れる奥入瀬渓流。
真っ赤に染まった山の中を緩やかに、時に激しい水流が来訪者の心を癒してくれること間違いありません。

新鮮な空気を胸いっぱい吸い込んで、生命力を静かに蓄える冬を前にした、静かで、情熱的な秋の風景を楽しみにいらしてくださいね!

スポンサードリンク