スポンサーリンク

ロタウイルスとノロウイルスとは、何が違うの?
どんな時にかかるの?流行する時期や発症する年齢、潜伏期間、症状、感染経路
を比較くしてまとめてみました。どちらもウイルス性胃腸炎です。

スポンサードリンク
  

ロタウイルスの症状

流行する時期:冬から春先まで、2月~5月とノロウイルスよりちょっと遅い

ロタウイルスに感染する年齢:乳幼児時から5歳くらいまでのちびっ子

潜伏期間:24時間~72時間と幅が広い

症状:嘔吐、下痢(白っぽい便)、吐き気、腹痛、発熱39度以上の熱
 ポイントしては便が白っぽくなる(白色便性下痢症)のが特徴です。
病院に連れていく場合は、行く際おむつを持っていくと診断がしやすい。
感染経路:汚染されている飲食物での経口感染や接触感染(二次感染)です。
汚染されている食品や、嘔吐や便の処理をしたときにウイルスが付着してしまい、
それによって接触感染もよく見られます。

ノロウイルスの症状

流行する時期:11月~1月 牡蠣(カキ)が旬なシーズンな時。

ノロウイルスに感染する年齢:老若男女、年齢を問わず感染いたします。

潜伏期間:24時間~48時間、前日か、前前日に何を食べたか思い出してみましょう。

症状:嘔吐、下痢、吐き気、腹痛 発熱38度くらいの熱
ポイントとしては、発熱はロタウイルスに比べると38度程度の発熱でひどくはならないですが嘔吐、下痢は激しいです。

スポンサーリンク

感染経路:汚染されている飲食物での経口感染や接触感染(二次感染)、間接的に感染
基本的にはロタウイルスと感染経路は一緒ですが、ノロウイルスの場合は、汚染されている二枚貝(牡蠣など)食べて経口感染するのは、わかっています。

総合的なまとめと予防方法

ノロウイルスとロタウイルスの総合的な比較

時期
ロタウイルスの場合は、2月~5月くらいがピークです。
ノロウイルスの場合は、11月~1月くらいがピークです。
ノロウイルスからはじまりロタウイルスになります。
ノロウイルスの場合は牡蠣が旬な時です。牡蠣を食べて感染っていうかとも多いかと思います。牡蠣のみじゃなく二枚貝には汚染されているウイルスになります。

感染する年齢
ロタウイルスの場合は、乳幼児〜5歳くらいまで
となっていますが、大人でもなります。
なりますが、症状はあまりで凄くはなく、風邪ひいたかな?みたいな感じです。

ノロウイルスの場合は、全年齢!
赤ちゃんからお年寄りまでかかりますので、注意が必要です
乳幼児や免疫力がない方は死亡例もあります。

潜伏期間
ロタウイルスの場合、24時間から72時間
ノロウイルスの場合、24時間から48時間

症状
嘔吐、下痢、吐き気、腹痛、発熱、
とロタウイルスとノロウイルスで共通な部分が多いいのですが、ロタウイルスの方が、発熱は39度と高熱がでます。それに便の色が白色した便がでると、違いがあります。

まとめ

ロタウイルスとノロウイルスの違いを比べましたが、
両方とも怖い病気です。常日頃より予防していれば、防げる病気ですので、しっかりとした、
予防方法を知っておきましょう。

ロタウイルスの方は予防接種があります。
小さいお子さんが苦しんでいるのは心が痛みます。
予防接種で予防するのも一つの手だと思います。

スポンサードリンク