スポンサーリンク

9月の祝日・敬老の日、みなさんはどんなお祝いを考えていますか?
何歳から敬老のお祝いをするものなのか、どんなプレゼントがよいのかなど、色々とアイディアをお探しのことかと思います。
今回はそんな敬老の日のプレゼントのご提案ができればと思います。

スポンサードリンク
  

敬老の日のプレゼントは何歳から渡す?

孫が生まれた」というのは、ご両親にとって大きな大きな喜ばしいニュースですよね。
孫の誕生を知ったその日から、もう完全に自分がおじいちゃん・おばあちゃんになったと心得ているはずなので、孫からの敬老のプレゼントはいつからでも嬉しいものだと思います。
ですが、生まれてすぐはさすがに渡しづらいかもしれませんよね。

でも、ご両親が遠方にいるなど中々会えない場合は何か出来ることはないかなぁとも思っいますよね。

例えば、0歳から1歳なら、絵の具などで手がたをとったり、写真をフォトフレームに入れてちょっとしたメッセージと一緒に渡す(送る)とか、2歳や3歳頃にお絵かきなどができるようになったら、画用紙に描いてあげるとか、何かの歌を歌えるようになったら、その歌を歌うとか・・・孫が何歳でも、そういったささやかな孫の成長が感じられることが一番喜んでもらえると思います♪

やっぱり嬉しい手作りプレゼントのアイデア

とはいえ、もう少し何か添えたい、とお考えの方もおられるかと思います。
お子さんの成長プラス、大人のアイディアをミックスさせてみてはいかがでしょう。
お子さんの描いた絵やお子さんの写真を色んなものに印刷したり、お酒の瓶のラベルにしてくれるお店がインターネットで見つけられます。
それを利用すれば、ちょっとひねりのきいたプレゼントになります♪
その場合は、納期に余裕を持って注文してくださいね。

スポンサーリンク

孫が大きくなったらおじいちゃん・おばあちゃんにこれをプレゼントしよう!?

私は子どもが幼稚園のときはおじいちゃんにはキーホルダーを、おばあちゃんにはビーズのアクセサリーを作り、小学生になってからは食器を一緒に作ってプレゼントしたりしていますが、どれもとても喜んでもらえました
キーホルダービーズのアクセサリーキットがおもちゃ屋さんや通販でも売られているので、簡単に仕上がります♪
食器は、「ポーセラーツ」というクラフトを利用して作りました。
ポーセラーツとは、白い磁器に転写シールを貼り付けて焼き、オリジナルのテーブルウェアを作るもの。
好きなシールを選んで、好きなレイアウトで作る食器は、とても愛着がわきます。貼るだけの作業なので、小学生なら簡単にできます。
我が家の小学生も、楽しそうに夢中になって作っていて、喜んで使ってもらった時のちょっと誇らしげな顔が印象に残っています。
また、マグカップに専用のペンで描いた物を自宅のオーブンで焼いてできるのもあるので、世界に1つのお子さんのアート入りマグカップも素敵ですね♪

まとめ

敬老の日のプレゼント、とても悩みますが、きっとお孫さんから贈られるものはどんな物でも嬉しく感じてくれるのだと思います。
子どもが成長して、相手を思いながら作った手作り品で喜んでもらえたら、「自分の作ったものが誰かを笑顔にできる」という喜びの体験を重ねていくことができ、敬老のお祝いだけでなく、子どもが「自分の持っている力や可能性」に気づき、それを育んでいくことにもつながるありがたい機会だなぁ、ということも、ちょっと思ったりします。
そんな意味でも、感謝をこめて、いいお祝いができたらいいですね♪

スポンサードリンク