スポンサーリンク

味覚の秋、皆さんはどのような果物をイメージしますか?

ぶどう、柿、梨など、日本には沢山の美味しい果物がありますね。
その中でも、日本のりんごの味は世界一と言われています!

日本が世界に誇るりんごの名産地、青森県津軽地方でりんご狩りはいかがでしょうか。

青森県外の方に青森のりんごをおすそ分けすると、皆さん、口をそろえて「スーパーのものと全然違う!」と驚かれます。

りんご嫌いだったお子さんも、あおもりのりんごを食べてから、りんごが大好きになったという話も聞きます。

とっても美味しい青森のりんご。
是非、皆さんの手で、色鮮やかに実っているりんごを採って、その場でその美味しさを体感してみてください!

スポンサードリンク
  

シーズンと料金は?

津軽地方でのりんご狩りは8月上旬から11月中旬まで楽しむことが出来ます。
りんごは国内外を合わせると2万5千も種類があるといわれています。
品種により、収穫の時期が違いますので、おそらく、皆さんが思った以上に長い期間、りんご狩りは楽しめるようになっています。

料金は、食べ放題1時間600円程度からとリーズナブルです。
持ち帰りでキロ数にて販売してくれるところもありますので、美味しいとりたての青森りんごをご自宅でも楽しむことが出来ます。

りんごを収穫する時には、片手でりんごを下から包むように持ち、へたに人差し指をかけ、少しずつりんごを斜めに傾けていくと、きれいに採ることができますよ!

豆知識ですが、農家さんが出荷するりんごは「へた」がなければ、価値のないりんごとして、市場に出すことができなくなってしまいます。
「へた」くらい…とも思ってしまいますが、やはり、「へた」があるりんごは美味しそうに見えますよね。

一つの木に400個は成るりんごを、一つ一つ手作業で、慎重に収穫してくれている農家さんに感謝ですね。

リンゴ狩りスポット

青森にはいたるところにりんごの木が植えられています。

町中どこでもりんごを見ることが出来ますが、勝手に採るのはもちろんNGです。
りんごの採り方など教えてもらいながら、りんご狩りを楽しめる場所をご紹介しますね。

スポンサーリンク

●弘前市りんご公園

住所:青森県弘前市大字清水富田字寺沢125(駐車場80台無料)
期間:8/1~11/30(昨年度参考)
時間:9:00~16:20(20分ごとの案内)
料金:1kgで320円
時期によって収穫できるりんごが違いますので、ご興味のある方は、事前に問い合わせてみてください。
電話番号:0172-36-7439

●津軽ゆめりんごファーム

住所:青森県弘前市大字小沢字山崎44-4(駐車場26台無料)
期間:9月中旬~11月上旬
時間:10:00~16:00
料金:大人600円、子供400円(1時間食べ放題)
予約が必要となりますので、りんご狩りを楽しむ場合は2日前までにご連絡してくださいね。
電話番号:0172-87-6089

リンゴを楽しむ!青森県民が教える実はリンゴの美味しい食べ方は?

青森県では「一日一りんご、医者いらず」という言葉があります。
「りんごを一日に一個食べると、健康・美容共によく、病気になることがない」という意味です。

沢山のりんごを採ることができたら、美味しくいただきましょう!

りんごは種類により、向いている料理があります。

少し酸味のある「紅玉」はジャムやアップルパイにしていただきましょう。

蜜がたくさん入る「ふじ」や「つがる」などは、そのまま食べて、本来の甘さを味わうことがオススメです。

真っ赤な色が特徴的な「ジョナゴールド」は干してお菓子にしてもキレイで楽しみながらいただくことができますね。

今、農家さんの間では黄色のりんご「とき」というりんごが流行っているみたいです。
青りんごとは異なり、強い甘みが本当に美味しい、ここ数年出てきたとっても美味しい新種です。

農家さんやスタッフの方にも是非どんどん話しかけて、オススメのお料理でりんごを楽しんでみてください!

実は、青森県民はリンゴを料理することがあまりありません。

なぜなら、とれたてのりんご以上に美味しい食べ方はほとんどないからです。
つまり、一番のオススメの食べ方は、採れたての青森りんごをそのままいただく、ということになります(笑)

品種によって、味が全然違うので、いろいろな品種を食べてみてください!
せっかく、りんごの大産地、青森にお越しの際は、採れたばかりのりんごの味を楽しんでみてくださいね。

ビタミンたっぷりで、整腸作用にも優れるりんご。
是非、一日一りんご、皆さんも試してみてください。

まとめ

青森県内のりんご畑からは津軽富士、岩木山を見ることができます。
岩木山に見守られながら、育った色とりどりの津軽りんご。
りんご篭いっぱい収穫して、その美味しさと景色を存分に楽しんでくださいね。

スポンサードリンク