スポンサーリンク

青森県にある不老ふ死温泉という温泉をご存知でしょうか。
日本海に沿った国道101号線を車で走らせると、ツンと硫黄のにおいがする場所があります。
不老ふ死温泉
初めて見る方はお湯の色においに驚かれるかもしれません。

日本海に沈む夕日を見ながら、潮風を浴び、温泉につかる・・・。
露天風呂の目の前に広がる日本海の大パノラマに感動すること、間違いなしです!

スポンサードリンク
  

不老ふ死温泉の見どころは?どうやって行くの?

不老ふ死温泉の見どころはなんと言っても、露天風呂!
眼下に広がる日本海、潮風を受けながら入るこの露天風呂は、本当に海のすぐそばに作られています。

潮が満ちた時には、温泉の中に海水が入ってくる近さ!

温かい温泉につかりながら眺める目の前の日本海、とても気持ちがいい景観です。

オススメの時間帯は夕暮れ時。
日本海に沈む夕日を温泉に入りながら見ることができます。

その近さゆえに、波の高い日は露天風呂への入浴が禁止されることがあります。
事前にニュースで高波情報を確認しておくと安心ですね。

予定していた日が残念ながら、露天風呂入浴禁止だったとしても、新館内にあるパノラマ風呂から景観を楽しむことが出来ます。
海に面してガラス張りの展望風呂は、日本海を一望できる素晴らしい作りです。

露天風呂はどうしても潮風にあたりますので、この新館でもう一度温泉を楽しむ方がほとんどです。

注意点は、ひょうたん型の露天風呂は男女混浴ということです。

その手前に女性専用の丸形の露天風呂がありますが、日本海の景色はひょうたん型の露天風呂が一番です。

水着などの着用も禁止ですので、事前にタオルなど、ご用意されたほうがいいかと思います。
また、脱衣所も露天風呂は屋外にある簡単なものになります。

日本海のすぐそばに面していますので、風が強い日は、お洋服が飛んでいかないようにご注意してくだいね。

◎行き方
青森市より車で2時間30分、弘前市より2時間程度の距離になります。

国道101号線の海沿いの道路を走ると、看板が立っています。
海の他は特に建物などありませんので、すぐに看板に気が付くと思います。

注意事項として、ナビに行き先を入力すると「県道28号線(白神ライン、弘西林道)」が選択されることがあるようですが、起伏が激しく、とても危険なルートとなりますので、県道28号線は選択しないようにしてくださいね

スポンサーリンク

電車のアクセスはJR「ウェスパ椿山駅」より送迎バスが出ていますので、ご利用されたら便利だと思います。

不老ふ死温泉の温泉成分を知ろう!入浴時間は??

不老ふ死温泉のお湯は塩化物強塩泉で、殺菌効果も高く、傷に効くことから「傷の湯」とも言われているお湯です。

神経痛、腰痛、リュウマチ、創痛、皮膚病に効能があると言われています。

茶褐色のお湯からは、しっかりとした硫黄のにおいがします。
私が今まで入った温泉の中で、一番色が強く一番においがした温泉です。
持って行った白いタオルが茶色に染まりました(笑)

お肌がすべすべになる保湿・保温効果があり「美肌の湯」としても有名な温泉です。

◎日帰り入浴
大人:600円、子供300円
本館内風呂8:00~20:00(最終受付19:30)※透明なお湯です。
新館内内風呂10:30~14:00(最終受付13:30)※不老ふ死の湯はこちらです。
海辺の露天風呂8:00~16:00(最終受付15:30)※高波の場合はクローズ

よくパンフレットなどに載っているひょうたん型の露天風呂が「海辺の露天風呂」です。
他は内風呂となり、露天風呂はありませんので、お気を付けください。

1回の入浴料でどのお風呂も入れます。

温泉だけじゃない!おススメ観光スポット

深浦町は全国星空継続観察で、日本一星が綺麗な町に選ばれています。
星空デッキという寝転がりながら星を楽しむことが出来る場所がありますので、ゆっくりと星空を眺めることもできます。
 
また、不老ふ死温泉から12キロほどのところに、十二湖のうちの一つ、「青池」と呼ばれえる、真っ青な神秘的な池があります。

まるで、スカイブルーのインクを垂らしたような池の美しさは思わず息を飲むほどです。

なぜ、青いのかはいまだに解明されていないそうです。

不老ふ死温泉のお帰りにでも、立ち寄っていただけたらと思うオススメスポットです。

また、十二湖は美味しいシジミの産地です。
シジミラーメンが有名ですので、せっかくの機会にご当地フードを楽しめるのも魅力の一つですね。

まとめ

「不老ふ死温泉」名前を聞くだけでも、興味の湧くこの温泉は、行ってみると想像を超える景観、温泉の質が味わえる本当にオススメの温泉です。

本当に海に近く、潮か?お湯か?という時もあるような不思議な体験ができるのは、ここの温泉の最大の魅力であると思います。

周辺の観光も、海も、山も、青森の自然を味わえる最高の場所であると思います。

是非、日ごろの疲れを癒しに、青森の秘湯「不老ふ死温泉」に一度いらしてみてくださいね。

スポンサードリンク