スポンサーリンク

インフルエンザの季節のなってきました。
みなさん、インフルエンザになる原因や予防法をしっかり学んで、
インフルエンザにならに様にこの冬を乗り切りましょう。
また、インフルエンザにならない為の、食生活をご提案いたします。

スポンサードリンク
  

インフルエンザになる原因 や予防法

インフルエンザになる原因ですが、3種類あります。
飛沫感染、空気感染、接触感染 
飛沫感染(ひまつかんせん)
インフルエンザにかかってしまた方や、まだ、発症はしていないが、潜伏期間中の人が、「咳やくしゃみ」をして、とびっちったインフルエンザ菌を口や鼻より吸い込んでしまった、ときになります。
空気感染(くうきかんせん)
空気中にインフルエンザ菌が飛んでいて、それを口や鼻から吸い込んで感染いたします。
接触感染(せっしょくかんせん)
接触感染は、インフルエンザ菌がついているところを手で触って、その触ったところにはインフルエンザ菌がついています。その手や指で、鼻や口元に触れることによってインフルエンザ菌が身体中に侵入してしまいます。

感染してから発症するまでの期間を潜伏期間といいます。
発送するまでの期間は1日~5日程度です。

予防方法
これは何といってもインフルエンザワクチンが一番の予防方法です。
お子さんが幼稚園や、小学校、中学校、高校 等で集団生活をしていると、
毎年、何県がインフルエンザが流行っていますよ~っとニュースでよく見ますが、
集団生活をしていると、やはり空気感染や接触感染でインフルエンザになってしまいますよね。
大人も油断していたら、インフルエンザにかかります。
電車の中やオフィスにいけばインフルエンザ菌がまっていますので、マスク(使い捨ての不織布の物が良い)を正しく使い予防をしましょう!

インフルエンザ予防接種をしていてもインフルエンザになってしまうこともあります。
かならずしもかからないとはないですが、予防接種をしているので、そんなに辛くなりません。重症化が軽減してくれますので、予防接種は毎年受けましょう!

注意
インフルエンザ予防接種を受けるときはインフルエンザが流行する前に受けておきましょう!
ワクチンを接種してから免疫効果が出てくるのは、約2週間~4週間くらいといいますので、流行前に予防接種をやっておきましょう。
子どもには2回接種になっていますので、2回目は1週間~4週間空けてから接種しましょう。詳しくは、ワクチンを受けた先生に聞いてみて下さい。

インフルエンザの家での対策はある?

家に帰るとまず、手洗い、うがいをしていると思いますが、それが正解です。
正解ですが、石鹸をつけて適当に洗ってませんか?
それだとせっかく手を綺麗に洗っていても、インフルエンザ菌は取れません!
ちゃんと洗ってからおやつや食事やをしましょう。
洗ってからのアルコール除菌も忘れずに。

スポンサーリンク

マスクを交換しましょう!
飛沫感染予防でマスクはしておいて損ないアイテムです!
そこに飛沫してきたインフルエンザ菌がついていたら、家族の人につくかもしれません。帰ったらマスクを交換するか捨てるように致しましょう。

お部屋はいつも湿度50%前後を保ちましょう。
インフルエンザ菌は湿度に弱い菌です。
60%以上になりますと他の菌が増えていきますすので、40%~60%くらいが、
好ましい湿度です。

乾燥を好んで増えていきますので、加湿を常に保ちましょう!
エアコンを使って部屋を暖めている方は要注意です。
すぐに乾燥しますので、加湿器を用意をおすすめします。

インフルエンザにならない為の食生活をご提案

何を言っても規則正しい生活が一番いい健康の秘訣は誰もが知っているかと思いますが、
それが一番の予防法だと思います。
暴飲、暴食、はしない、喫煙者は吸う本数を減らす、などの対策をしましょう。

人込みや街中へのお出かけは控える。
もし行く場合は、マスクなどの対策をしてから、お出かけしてください。

食事方法
たんぱく質、アミノ酸、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンD、ムチンなどを
バランスよく摂り免疫力アップ!
たんぱく質
お肉や卵、豆、魚に多く含まれています。
お肉は必須アミノ酸が不足していますので、卵などの植物性たんぱく質を
一緒に摂りましょう。
ビタミンA
ニンジン、レバーなどに多く含まれています。
ビタミンC
果物によく含まれております。
ミカンの季節は冬ですので、毎日2個を目安に食べましょう。
ムチン
ネバネバ系の食材に多く含まれております。
納豆、オクラ、長芋などなどです。

これらをバランスよくとりインフルエンザ予防や風邪予防に効果的ですので、
毎日、摂るうにすれば、いいと思います。

まとめ

インフルエンザは恐ろしい病気です。みなさんもご存知の通り、毎年、ニュースで何人がインフルエンザで死亡しています。と報道がありますので、なりたくない病気ですね。
うつさない、うつらないができれば一番ですので、自分の身は自分で守るが鉄則ですね。

インフルエンザの予防接種をし、規則正しく、
栄養がある物を食べて生活をしていくのが一番の予防だと思います。

余談ですが、
私の子供を通わせている保育園の先生もインフルエンザ予防接種を受けているのに、
インフルエンザになってしまいました。
その時そのクラスの半数はインフルエンザにかかってしまい大変でしたよ。

ちなみにうち子もインフルエンザになって楽しみにしていた、冬遠足がいけなくて、
がっかりしていました。
保育園、登園禁止になるし、家族の仕事も出勤停止になるしで、散々でした・・・

こんな楽しみや生活を奪われてしまいますので、ならないことが一番ですね!

スポンサードリンク