スポンサーリンク

自宅で、入浴を希望する要介護者の入浴でのポイントはいくつかあります。
順を追って説明したいと思います。

まず、最初に目を付けなきゃいけない危険箇所がいくつかあると思います。

脱衣所の照明機材、足場が悪いと転倒の恐れがあります。
頑丈な物に掴まれるような手すりがあれば尚いいアイテムですね。
湯上り時の敷物、これは吸収性の良いものよりも滑らない素材の敷物が良いですよ。
そして、浴室内では、脱衣所と浴室の温度の差を作らない事ですね。
浴室は大変滑りやすので介助者と一緒に入っていった方が危険はないです。
そして、浴槽内では滑り止めが必要となります。
介護福祉用具店に行けばあります。
もし、どんなのがいいのか迷うのであれば店には、介護福祉用具の勉強をした専門家が在籍してるので聞いてみるといいもです。
色んな事を知ってますので在宅での生活で不敏がるのなら聞いて下さいね。
いかに介護する側が大変じゃなくなると言う事がポイントです。

スポンサードリンク

入浴介護をする前に準備と入浴中と入浴後

要介護者で認知症の場合では、「お風呂に入りますよ」と言っても理解に苦しむ方がいます。
そのようでは、介護する側も説明のしようがないと困る場合があると思いますので、一言だけで済む言葉は「用があるのでこちらまで一緒にきてくれる?」と軽い乗りで話しかけます。
そうすると不思議と身体が動きます。
たまに動かない事がある時は時間を置いてからの方がいいですよ

さて、準備段階の説明ですが、上記でも述べたように脱衣所の浴室の温度差に気を配り、滑らない素材のバスマットを用意し、入浴が終わった時に着る下着、洋服を予め準備して下さいね。
脱衣のお手伝いをし、手引きで一緒に浴室まで行きます。

それからは、普段自分が洗っているように髪の毛、身体、顔等を、洗ってもらったりしてもらいます。
要介護者でもご自分で洗える箇所は積極的にしてもらうのが一番です
何故なら自宅での自立介護です。
なるたけ、今のままの状態でしてもらうのが介護する側も一苦労しないで済むのです。
してしまって出来なくなった場合の負担は介護する側が大変になってしまうのです。

そして、無事に身体が洗い終えてからは浴槽に浸かります。
その時に気を付ける事は、浴槽内に敷いてある滑り止めマットがしっかり敷いてあるかを確認して下さいね。
浴槽から出る時に、滑りやすい構造ですとそのまま後ろにひっくり返る事があります。
入浴後は、よく身体の水分を取って下着、洋服といった流れです。
浴後の水分補給も忘れずに!ですね。

スポンサードリンク

シロウトでもできる!入浴介助方法

基本が自分の身体を洗うようにすればいいのですが、要介護者の場合では、どこをどうのように洗ったらいいのか?と迷ってしまう事があります。
その時は、ジェスチャーが一番分かりやすいです。
そうすると不思議と相手もそれを真似して行動します。

こんな人にはこれ!入浴介助の活躍グッズ

洗髪が苦手な人には、シャンプーハットが一押しです。
今は、子供から大人まで使える便利グッズがあります。
介助用イスもあります。
しっかり座れて動かないイスですので、こちらをおススメ致します。
シャワーヘッドも、お湯を止めたり、出したりできるタイプのシャワーヘッドに交換をおススメ致します。
無駄にお湯を出したりできなくなります。
少なからず節約出来ます。

まとめ

要介護者を自宅で入浴させるのは、身体の変化やアザなどの早期発見にも繋がっていいと思います。
清潔保持によって身体の調子が分かりやすいんですが、これから暑い夏の時期です。
介護する側からしてみると暑い中での入浴介助と言うのはサウナ状態です。
水分を取り、お風呂と言うリラックスできる空間で入浴を手伝う事の大切さってありですね。
でも、入浴中は必ず見守りが重要ポイントの一つと覚えていてもらいたいです。
何故なら?高齢者のお風呂でのワーストは溺死です。
よってリラクッスできる場所でもあるが、危険な場所でもあると言う事を知って、自宅での楽しい一時を過ごしてもらいたいですね。

お付き合いありがとうございました。

スポンサードリンク