スポンサーリンク

みなさん大掃除は、はかどっていますか?
さて、お正月飾りって大抵の人は、玄関にやらまた、違うところに飾っていると思いますが、
意味って知っていて飾っていますか?
私もそうでしたが、小さいときから親が飾っていたから、ただ単に飾っているという方、
いっぱいいると思います。
そこで、簡単ですがお正月飾りの意味、いつからいつまで飾るの?処分方法をご説明いたします。

スポンサードリンク
  

お正月飾りの意味しってましか?どんなお飾りをするか知っていますか?

お正月飾りは大きく分けて、しめ縄(しめ飾り)、門松、鏡餅と三つが一般的です。

しめ縄
神様をまつるのにふさわしい神聖な場所であることを示す意味があります

しめ飾り
しめ縄に縁起物、新しい藁に裏白(うらじろ)やゆずり葉、
橙(だいだい)などをあしらって作ったお飾りをしめ飾りと言います。

門松
門松は歳神様がお正月になると来るといわれています。歳神様の目印になるように
門のところに門松を飾るのです。
歳神様が幸せをもたらしてくれるといわれております。

鏡餅
鏡餅というは、昔の鏡は丸の形になっていてそれに似ていたことから鏡餅を飾るのです。
歳神様が来た時のお供え物とてして飾りましょう。

お正月飾りいつからいつまで飾ればいいの?

結構いると思います。
いつから飾るの?いつ外すの?土地がガラもあるの思うのですが、一般的な部分でお答えいたします。

いつから飾るの?
それはすす払いが終わって歳神様が迎えられるようになってから、飾るといいでしょう。
すす払い?まぁ大掃除ですね!
大掃除が終わってから28日に飾りましょう。大掃除はできなくても28日に飾りましょうね。

スポンサーリンク

飾ってはよくない日もありますのでご注意致しましょう。
29日は苦を表し二重苦
、とも言われその日は飾らないように致しましょう。
31日は一夜飾りと言って縁起が良くないといわれています。
29.日、31日は飾らないように致しましょう。
ですので、くどい様ですが、28日か30日に飾るといいでしょう!

いつ外すの?
それは、1月7日までの松の内まで飾りましょう!
1月7日には七草粥を食べた後に外すのがいいのですが、若い世代はやらないですよね。
鏡餅は1月11日に鏡開きをします。
歳神様にお供えしていたものを下げて一家円満を願いお汁粉やお雑煮に入れて、
家族そろって食べましょう。

お正月飾りの処分方法は?普通に捨ててもいいのかな?

お正月飾りを外したあとの処分方法が困ってしまっている方いると思います。
神様をお迎えしたものですし、普通に捨てたら祟りが起こるような気がしますよね!

やっぱり神社に持っていくのが行くのが一番ですね。
1月15日の小正月にはどんど焼き(場所によっては呼び名が違う)が行われ、火で神様を天に見送りその火や煙にあたり無病息災を願うお祭りです。
それができないよって方はこんな感じで処分しましょう。

お清めをしましょう!
塩でお清めしてしてから処分いたしましょう。
普通のごみとは一緒にならないように!
まずしめ飾りが入るような大きな紙を用意します。
その紙の上にしめ飾りを置き塩を、左 右 中の順番でお清めします。
その紙を新しい袋に入れてまたお清めの塩をかける。
それで、一般ゴミへ捨ててください。

まとめ

歳神様をお迎えしたら、お見送りましょう。
これが一番です。
あなたのおうちにお友達が遊びに来た時も、そうでしょう!
神様も同じことをしてあげればいいのです。
勝手に家にはいって勝手に帰るってことはしないですよね。

新年気持ちよく迎えるにしましょう。
これを怠うと、祟りがあるかもしれませんよ!

スポンサードリンク